磁性半導体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

磁性半導体(じせいはんどうたい、Magnetic Semiconductor)とは、強磁性半導体の両方の性質を合わせ持つ物質。スピントロニクス材料として用いられる。半導体の電気デバイスとしての性質を用いた電気的制御により、磁気特性をコントロールすることが可能である。

現在は、主に半導体結晶成長の際に磁性不純物を入れる、希薄磁性半導体が主流である。

関連項目[編集]