ヴェルナー・フォン・ジーメンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェルナー・フォン・ジーメンス
Werner von Siemens
人物情報
生誕 1816年12月13日
War ensign of the German Empire Navy 1848-1852.svg ドイツ連邦 レンテドイツ語版
死没 1892年12月6日(75歳)
ドイツの旗 ドイツ帝国 ベルリン
学問
研究分野 発明家
テンプレートを表示

エルンスト・ヴェルナー・フォン・ジーメンス (Ernst Werner von Siemens, 1816年12月13日1892年12月6日) は、ドイツの電気工学者、発明家、実業家である。コンダクタンスなどのSI単位ジーメンスに名を残している。また、電機・通信の大手企業シーメンスの創業者でもある。

なおドイツ語での標準発音 [ˈziːməns][1]をカタカナ転写すれば「ーメンス」(より厳密にはズィーメンス」)だが、最近の日本では、英語読みに基づく慣用形である「シーメンス」も使わる。

生涯[編集]

ハノーファー近郊のレンテドイツ語版(現在のゲーアデンドイツ語版の一部)で生まれる。小作農家の14人兄弟の4番目だった。兄弟にウィリアム・ジーメンス(鉄鋼用のシーメンス平炉を発明した)やフリードリヒ・ジーメンス(蓄熱式加熱法を用いたガラス用のシーメンス炉を発明した)がいる。

卒業前に学校を中退し、陸軍に入隊して工学を学ぶ。これが後の成功に大きく寄与した。兵士としても優秀で、様々なメダルを受賞している。技術将校として造兵廠勤務中に電磁式指針電信機モールス符号を使わずに、針で文字盤の文字を指すことで電文を伝える装置)、地下ケーブルを発明した。 戦争から戻ると除隊し、それまでの発明を元にして事業を起こすことにした。1847年10月、J・G・ハルスケとともにジーメンス・ウント・ハルスケを創業。(1966年に現在のジーメンス社に改名。)同社は創業から間もなく海外にも進出。兄弟にイングランドやサンクトペテルブルクの支社を任せ、それぞれを独立採算とした。

1852年、マティルデ・ドゥマン (Mathilde Duman) と結婚したが、1867年に死別。1869年、親戚のアントーニエ・ジーメンス (Antonie Siemens) と結婚。1度目の結婚で2人の息子をもうけ、2度目の結婚で娘と息子を1人ずつもうけた。

1888年には叙爵され、ヴェルナー・フォン・ジーメンスを名乗るようになる。1890年に引退し、1892年ベルリンにて死去。

発明[編集]

ジーメンスは電磁式指針電信機以外にも電気工学分野で様々な発明・開発を行っており、ドイツにおける電気工学の父と呼ばれている。1866年、自励式自動発電機(ダイナモ)を発明(ただし、史上初ではない)。1877年12月、ドイツにて電流を振動に変換するコイルの特許を取得(No. 2355)。1920年代にアメリカの Bell System の E. C. Wente らがこの発明を利用してダイナミック型スピーカーを発明した[2](米国特許番号 1,707,545、1929年)。1879年、電気機関車を実用化。1880年、世界初の電気式エレベーターを開発した[3]。1882年4月には "Elektromote" の試験走行を行っており、トロリーバスの生みの親とされている。ヴィルヘルム・レントゲンがX線研究に使った放電管はシーメンス社製だった。

主な特許[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Duden. p. 725. ISBN 978-3-411-04066-7. 
  2. ^ Ed. M. D. Fagen, "A History of Engineering and Science in the Bell System: The Early Years", Bell Laboratories, 1975, P. 183.
  3. ^ The History of the Elevator - Elisha Otis

参考文献[編集]

  • Werner von Siemens, Lebenserinnerungen, Berlin, 1892 (reprinted as Mein Leben, Zeulenroda, 1939).
  • Werner von Siemens, Scientific & Technical Papers of Werner von Siemens. Vol. 1: Scientific Papers and Addresses, London, 1892; Vol. 2: Technical Papers, London, 1895.
  • Sigfrid von Weiher, Werner von Siemens, A Life in the Service of Science, Technology and Industry, Göttingen, 1975.
  • Wilfried Feldenkirchen, Werner von Siemens, Inventor and International Entrepreneur. Columbus, Ohio, 1994.
  • Wilfried Feldenkirchen / Eberhard Posner, The Siemens Entrepreneurs, Continuity and Change, 1847–2005, Ten Portraits, Munich, 2005.

外部リンク[編集]