ジーメンス・ウント・ハルスケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Siemens & Halske LH8 発電機

ジーメンス・ウント・ハルスケ(Siemens & Halske AG) (またはジーメンス-ハルスケ)はかつて存在したドイツの電気技術会社で、後にシーメンスの一部門となる。

1897年、ジーメンス・ウント・ハルスケは正式社名Telegraphen-Bauanstalt Siemens & Halske株式会社として設立された。ジーメンス・ウント・ハルスケの一部門は1903年Schuckert & Co.に買収されジーメンス-シュッケルトになった。ジーメンス・ウント・ハルスケAGは通信技術に特化した。 第二次世界大戦時においてジーメンス-ハルスケ Sh.ISh.IIIのようなロータリーエンジンをジーメンス-ハルスケのブランドで生産した。 後にシーメンスはいくつかの子会社を設立し、ジーメンス・ウント・ハルスケAGは持ち株会社として機能した。

関連[編集]