ヴェルナー・エック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェルナー・エック
Werner Egk
Werner Egk (timbre allemand).jpg
基本情報
出生 1901年5月17日
ドイツの旗 ドイツドナウヴェルト近郊
死没 1983年7月10日(満82歳没)
ドイツの旗 ドイツ
職業 作曲家
オリンピック
芸術競技
1936 管弦楽

ヴェルナー・エック(Werner Egk,1901年5月17日 - 1983年7月10日)は、ドイツ作曲家

ドナウヴェルト近郊に生まれ、ミュンヘンカール・オルフに師事。ラジオ放送が始まったとき、彼はマスメディアとしての重要性を悟り、ラジオ放送劇を発展させた。

1930年代初めにオペラバレエに関心が移り、1935年に最初のオペラ「魔法のヴァイオリン」をフランクフルト・アム・マインで初演した。他にヘンリック・イプセン原作のオペラ「ペール・ギュント」(1938)があり、彼の代表作として知られるようになる。この作品はヒトラーゲッベルスに気に入られた。

ナチス時代には仕事を継続するために、やむなく帝国音楽院での仕事に就いた。

戦後は、指揮者と作曲家の活動に加えて、ベルリン音楽大学学長(1950-1952)、ドイツ音楽著作権協会の主要メンバー、著作権協会国際連合のドイツ代表を務めた。しかしナチ時代に現代的音楽が「退廃音楽」という名で排斥される中、彼の親しみやすい音楽がヒトラーやゲッベルスに賞賛され、ナチのプロパガンダ色が濃厚だったベルリン・オリンピックで『オリンピック祝典音楽』が芸術競技金メダルを獲得したことや、ヒトラーユーゲントの映画『若者たち』のための『ドイツ青年の行進曲』といった作品により、不幸なことに「ナチの協力者」というイメージがついてまわることとなった。

それでも、戦後も歌劇『審問官』(1956年)、『サン=ドミンゴ島の結婚』(1963年)・管弦楽曲など旺盛な創作活動を行った。

文献[編集]

  • Werkverzeichnis Werner Egk. Schott, Mainz 1969
  • Ernst Krause: Werner Egk: Oper und Ballett. Wilhelmshaven 1971
  • Werner Egk: Die Zeit wartet nicht. Künstlerisches, Zeitgeschichtliches, Privates aus meinem Leben. Mainz/München 1981, ISBN 3-442-33059-9
  • Werner Egk. Verzeichnis der veröffentlichten Werke. Schott, Mainz 1991
  • Ernst Klee: Das Kulturlexikon zum Dritten Reich – Wer war was vor und nach 1945, S. Fischer Verlag 2007, ISBN 978-3-10-039326-5
  • Fred Prieberg: Musik im NS-Staat, Fischer TB, ISBN 978-3-920862-66-8