ヴィックスドロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィックスドロップ: Vicks Drop)は、のどの炎症を緩和するドロップタイプののど薬である。日本の薬事法では指定医薬部外品に分類されている。

ヴィックスドロップの現在の発売元は日本では大正製薬、それ以外の地域ではP&Gである。

概要[編集]

一般的には、のどのイガイガ感を具現化した「エヘン虫」が登場するテレビCMで知られている。エヘン虫はP&Gに発売元が変更した直後に一時消えていたが、1990年代半ば頃に復活している。

大正製薬に譲渡された後もエヘン虫は引き継がれているが、日本ヴィックス社時代やP&G社時代より可愛らしいデザインになっている。

キャッチフレーズは日本ヴィックス社時代とP&G社時代は「のどの薬 ヴィックスドロップ」、大正製薬に譲渡された後は「のどに ヴィックス」である。

CM[編集]

現在[編集]

現在のCMは、6つの味のドロップを「スーパー戦隊シリーズ」のように見立てた「どこでも戦隊 ヴィックスレンジャー」として、放映している。

過去[編集]

日本ヴィックス社時代にはメインキャラクターに石坂浩二を起用し、他に木野花もたいまさこなどがCMに出演していた。石坂が医者役に扮して、女性患者の相手をする役を演じるCMが放映されていた。

P&Gに発売元を変更した1988年~1990年代前半までは喉の痛みと戦うビジネスマンの様子を描いたCMが放映されていた。

大正製薬に譲渡された直後はメインキャラクターに柳沢慎吾を起用していた。柳沢が刑事役に扮して、女性被疑者に問い質すCMが放映されていた。

製品ラインアップ[編集]

  • 1箱50個入り(レモン・オレンジ・レギュラー・チェリー・ウメ)
  • 1箱25個入り(グレープフルーツ・グリーンアップル・ハニーレモン)
  • 1箱20個入り(レモン・オレンジ・レギュラー・チェリー・ウメ・ブルーミント)
  • 1箱10個入り(レモン・オレンジ)

通常はドラッグストアまたは薬局・薬店で購入できるが、1箱10個入りは駅売店・コンビニ等で購入できる。また、2010年9月発売の「グレープフルーツ」はシリーズ初のシュガーレスタイプである。2013年6月発売の「ブルーミント」は「ヴイックス」ブランド初の風味である。

2014年8月には「シュガーレス グレープフルーツ」がリニューアルし、従来の1箱20個入りから1箱25個入りに増量。併せて、シュガーレスタイプの新フレーバーとして、「グリーンアップル」と「ハニーレモン」を追加発売した。

効能・効果[編集]

ドロップの中に入っているうがい薬と同じ有効成分のCPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)がのどや口腔内を殺菌・消毒する効果がある。

そのため、以下の効果が得られる。

  • のどの炎症による声がれ・のどのあれ・のどの不快感・のどの痛み・のどのはれを緩和
  • 口腔内の殺菌・消毒、口臭の除去

日本での販路[編集]

当初はヴィックスの販売代理店である阪急共栄物産阪急電鉄系の物産会社)が発売した後、分離・独立した日本ヴィックスより「ヴィックス コフドロップ」という商品名で販売されていたが、同社は1985年P&Gの傘下に入り、1988年にプロクター・アンド・ギャンブル・ヘルスケアに社名変更した。

その後、2002年に塗布風邪薬のヴィックスヴェポラッブとともに大正製薬に事業譲渡された。

現在、大正製薬では「ヴィックス メディケイテッド ドロップ」という商品名で販売している。

外部リンク[編集]