P&G製品一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索


これはP&Gのブランドで現在製造している、または過去に製造された商品を列挙した一覧である。旧日本サンホーム、第一工業製薬、旧ミツワ石鹸、旭電化工業(現ADEKA)、旧日本ヴィックス、旧ウエラジャパン、旧ジレット・ジャパン、ブラウン・ジャパン、旧アイムス・ジャパン製品も含まれる。

洗剤・ファブリックケア製品[編集]

  • 現在
    • アリエール - 衣料用洗剤。洗濯機のカビ防止成分を備える。
    • ボールド - 柔軟成分入りの衣料用洗剤。2011年9月より「ルミネス」以来となるおしゃれ着用洗剤(「ボールド 香りのおしゃれ着洗剤」)を追加。
    • レノア - 消臭、防臭効果を備えた衣類用柔軟剤。
    • さらさ - クエン酸を配合し、蛍光剤・漂白剤・着色料無配合の衣料用液体洗剤。2012年4月にはノンオイリータッチ処方を採用した着色料無添加の柔軟剤を追加。
    • ジョイ - 食器用洗剤。後発ながら小型化の先鞭をつけ、現在はトップシェアを誇っている。
      • ハイウォッシュジョイ - 全自動食器洗浄機用洗剤。
    • ファブリーズ - 消臭剤。発売当初は衣類・布製品用消臭スプレーから始まったが、現在では室内用据置タイプや車のエアコン送風口に付けるクリップタイプなどの種類がある。
  • かつての製品
    • チアー - 衣料用洗剤。1999年に製造終了。日本でのP&G第1号商品。アリエールが登場する前は主力商品だった。
      • 全温度チアー
        • ダブル酵素全温度チアー - 有りん、大型洗剤。
        • 無りん全温度チアー
      • 速効パワーニューチアー
        • 速効パワーチアー
        • 液体速効パワーチアー
      • チアーエース
        • 無香料チアーエース
        • 液体チアーエース
      • レモンチアー - 消臭剤配合。大型洗剤は九州地区でテスト販売[1]
        • 液体レモンチアー
      • ダブルクリーンチアー
      • スーパーチアー - コンパクト洗剤。
    • ルミネス - 粉末タイプのおしゃれ着洗剤。モノゲンの後継として登場するも短期間で撤退。その後、P&Gオリジナルで液体タイプの「ボールド 香りのおしゃれ着洗剤」として復活。
    • バウンス - 衣類用柔軟剤。レノアの登場で消滅。
    • エースデリケートブリーチ - 衣類用酸素系液体漂白剤。漂白剤として世界初(1999年当時)のウールマーク認定商品。
    • オール
      • 新オール
    • ボーナス - 衣料用液体洗剤。2009年製造終了。終了する直前はP&Gオリジナルの商品の中では最も古参だった。
      • 酵素ボーナス
      • ボーナス2000
      • ハイパワーボーナス
      • パワーボーナス
      • ボーナスパワークリーニング
    • ハイウォッシュ - ハイウォッシュジョイに継承。
    • リンセード - 全自動食器洗浄機用乾燥仕上げ剤。現在はパナソニックより発売。
  • ミツワ石鹸
    • プラス (衣類用洗剤)
    • プラスZ (台所用洗剤)
    • ディズニー洗剤
  • 第一工業製薬
    • モノゲンブランド - 晩年は売却を検討した事もあったが、買い手が現れなかったため売却できず。ルミネスの登場により消滅。なお、商標は現在も第一工業製薬が保有している。
      • DK300番 (モノゲンの前身)
      • モノゲン (日本で最初の合成洗剤(中性・高級アルコール系・ペースト状)) - 工業用は現在も第一工業製薬より販売継続。
      • モノゲンユニ - 最初は粉末のみであったが、P&G時代に液体も発売。同時期に無りん化もされた。ウールマーク認定商品。末期の製品では、手洗い可能なドライマーク衣料も洗濯機で洗えた。この製品は最後まで粉末と液体が併売された。
      • モノゲンドライ&ウール - モノゲンユニの後継商品。ウォーターベース、ウールマーク認定商品。
      • モノゲンベビー (ベビー用・漂白剤配合)
      • モノゲンベビーコンパクト
      • モノゲンオール (弱アルカリ性洗剤)
        • 新オール - 小型化洗剤
      • モノゲンソフター (柔軟剤) - パンソフター (家庭用)を改称。
      • モノゲンブリーチ (塩素系漂白剤)
      • モノゲンラブリー (日本サンホーム時代)
    • アルコ - 日本で最初の中空粒状洗剤。
      • アルコブルー
      • アルコカラー
      • アルコアミラン
      • アルコロン
      • アルコエース
      • ニューアルコ
    • アルコL (台所用液体中性洗剤)
      • アルコL花 - 日本サンホームから発売。
      • アルコエル
    • ゲンブ ニュー粉せんたく - 現在のクリーニング店専売のゲンブ「ニューこなせっけんゲンブ」とは異なり、合成洗剤。
    • ナンバーワン
    • 玄武印マルセール石鹸 → ゲンブマルセル
    • ティーポール
    • ハイクック
  • 旭電化工業
    • アデカクリーンヘビー
    • アデカクリーンL
    • アデカスーパー
    • テル (酸素系漂白剤)
      • テルキッチン
      • スーパーテル
  • 日本サンホーム
    • パンチ
  • 日本ヴィックス→P&Gヘルスケア
    • ミルトン (哺乳びん消毒液)【医薬品】 - 杏林製薬に事業譲渡。
      • ミルトンタブレット【医薬品】
    • ミルガード (おむつ洗浄用漂白剤)

ギフト製品[編集]

アリエールボールドのギフト製品は各詳細記事を参照。

  • デパート・ギフト専門店向け
    • さらさ洗剤セット - 液体洗剤「さらさ」のみの詰め合わせ。本体は各セット1本のみで、つめかえ用の個数が異なる3タイプを設定している(PGSA-30Mは4個、PGSA-40Mは6個、PGSA-50Mは8個それぞれセットされる)。
    • さらさホームセット(PGCS) - 液体洗剤「さらさ」と食器用洗剤「ジョイ モイストケア ローズオアシスの香り」を手提げ箱に封入したちょっとした挨拶にも最適なランドリー&キッチンセット。PGCS-AMは「さらさ」と「ジョイ モイストケア ローズオアシスの香り」の本体のみ、PGCS-BMはAMのセット構成に「ジョイ モイストケア ローズオアシスの香り」のつめかえ用が追加される。
  • スーパー・小売店向け
    • アロマジュエル香りのセット - 超コンパクト液体洗剤「ボールド 濃蜜コンパクト」と香りづけ専用ビーズ「レノアハピネス アロマジュエル」がセットになった香りを楽しむランドリーセット。PGAJ-40Rのみの設定で、「ボールド 濃蜜コンパクト」本体1本・つめかえ用4個に、「レノアハピネス アロマジュエル」2種(ルビーフローラル、アメジストバニラ)がセットされる。
    • さらさホームセット(PGR) - 液体洗剤「さらさ」を主体としたランドリー&キッチンセット。PGR-30Rのみの設定で、「さらさ」本体1本・つめかえ用3個に食器用洗剤「ジョイ オレンジピール成分入り」の本体・つめかえ用ペアがセットされる。

ヘアケア・スキンケア製品[編集]

マックスファクターの製品については、マックスファクターを参照。

  • 現在
  • かつての製品
    • リジョイ - リンスインシャンプー。2007年、h&sの発売に伴い消滅。
    • ウエラクリニケア - パンテーンクリニケアに継承。
    • シャスタ スキンクリームリッチ
    • ブリーチ&カラー
    • インナーサイエンス
    • アイボリー
    • キャメイ (化粧石鹸)
    • クレスト (電動歯ブラシ) - クラシエホームプロダクツ(旧カネボウホームプロダクツ)に事業譲渡。2010年に商品名を「スピンブラシ」に変更した。
  • ミツワ石鹸
    • ミューズ - 旧ミツワ石鹸時代から続く古参ブランド。2008年5月にレキットベンキーザー・ジャパンに事業譲渡された。事業譲渡された後もP&Gが生産・販売を受託し営業活動を継続していたが、2008年9月からはレキットベンキーザー・ジャパンと業務提携を結んでいるアース製薬から発売されている。
      • ビタミューズ
      • ハイミューズ
      • デオミューズ
    • ハイソサエティルビー
    • ミツワ石鹸 - 2007年玉の肌石鹸に商標権譲渡。
    • ミツワソフト
    • ミクニ石鹸
    • フローラ石鹸
    • ディズニー石鹸
    • ウェーブ - 日本初のシャンプー。リンスも後に登場。
    • ラノリンシャンプー
    • ゼオラ歯磨
  • 旭電化工業
    • アデカ石鹸
    • ノーブル石鹸
  • 第一工業製薬
    • ゲンブシャンプー
    • ポアロン - 入浴剤。シャンプー、リンスも後に登場。
  • 日本ヴィックス→P&Gヘルスケア

医薬品・医薬部外品[編集]

全てかつての製品

  • コーラック (便秘薬) - 大正製薬に事業譲渡。
  • ヴィックス コフドロップ (のど治療薬) - 大正製薬に事業譲渡。製造元は英国のトイレタリーメーカー・レキットベンキーザータイ現地子会社に委託。
  • ヴィックス ヴェポラッブ (塗布風邪薬) - 大正製薬に事業譲渡。製造元はレキットベンキーザーのタイ現地子会社に委託。
  • ヴィックス サイネックス (鼻炎薬)
  • ヴィックス クールコート (鎮咳去痰薬) - クリーミーシロップタイプの鎮咳去痰薬。1989年頃に九州地区で限定販売。
  • ヴィックス ヴァーパーバス (入浴剤) - 1989年頃に九州地区で限定販売。
  • ヴィックス 小児用かぜシロップ (小児用内服薬)
  • ハボーン (カルシウム製剤) - 大正製薬のカルシックスへ継承。
  • ミツワ肝油ドロップ - 戦後まもなく河合製薬に事業譲渡、同社のカワイ肝油ドロップへ継承。

紙製品[編集]

  • 現在
  • かつての製品
    • アテント (大人用紙おむつ) - 2007年9月1日付で大王製紙に事業譲渡した[2]。P&G時代はファブリーズ認定商品も開発されていた。事業譲渡後は大王製紙の「エリエール」ブランドを付して発売されている。またP&G時代に展開していた「がんばらない介護生活を考える会」へのサポートも同社が引き続き行なっている。
    • セルティナ (大人用軽失禁パッド) - 小さなパッドと専用下着で構成。
    • バウンティ (キッチンペーパー) - 2000年頃に地域限定でテスト販売。

その他の製品[編集]

  • 現在
  • かつての製品
    • プリングルズ (成形ポテトチップス) - 2012年6月、日本ケロッグに売却。
    • ヴィックス クール (のど飴) - 1985年-1989年頃、スーパー・コンビニ・駅売店限定で販売。
    • フォルジャーズ (レギュラーコーヒー) - 1996年に瀬戸内地域でテスト販売を開始するも、販売不振のため翌年撤退した。
    • プロキープ (ラップ型密着シート) - 2005年-2006年頃、愛知・岐阜・三重・静岡の一部でテスト販売。米GLAD社の「Press'n Seal」という製品の日本版(パッケージに「GLAD」のロゴあり)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ コンパクト洗剤は全国発売された。
  2. ^ 「P&Gの大人用紙おむつ 大王製紙が買収」、2007年6月15日付日本経済新聞11面

外部リンク[編集]