ロベール・ドアノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1992年、自分のスタジオにて

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau, 1912年4月14日 - 1994年4月1日)は、フランスの写真家である。主として報道写真ファッション写真の分野で活躍した。ロベール・ドワノーと記載されることもある。欧米での展覧会多数。

略歴[編集]

ヴァル=ド=マルヌ県ジャンティイ生まれ。父親は配管工であった。1934年に結婚してオー=ド=セーヌ県モンルージュに新居を構え、終生をそこで過ごした。

工芸学校で石版印刷工の資格を取って働いた後、1931年アンドレ・ヴイニョー助手[要曖昧さ回避]となり、1932年に独立。1934年から1939年まではルノーに勤務して工場内の記録写真を担当。しかし、プリントの出来栄えにこだわるあまり遅刻が重なり、解雇される。その後フランス軍に入るが、1940年結核を発症して除隊となる。第二次大戦中は自由フランスレジスタンスに参加。1945年から1947年にかけてはフランス共産党に所属し、左翼系の芸術家たちとの交流を持った。

1949年ヴォーグ・フランス誌とフォトグラファーとして契約。ファッション写真を手がけつつ、夜な夜なロベール・ジローとともにパリの町中を歩き回って撮影を行った。パブロ・ピカソジャン・コクトーシモーヌ・ド・ボーヴォワールなど多数の芸術家たちのポートレートも手がけた。

1984年レジオンドヌール勲章Chevalier の称号を授与された[1]

1994年4月1日に81歳で死去。

パリ市庁舎前のキス[編集]

パリの恋人たちのキスの場面を捉えた作品(「パリ市庁舎前のキス」(Le Baiser de l'hôtel de ville, Kiss by the Hotel de Ville)、1950年写真集の表紙ともなっている。[1])はドアノーの作品の中でも特に有名であるが、後にこの作品は「演出作品」であったということが判明した。なお、この作品は写真壁画となって、東京都写真美術館の1階外壁に掲げられている(3点のうちの1点。残りの2点は、ロバート・キャパ植田正治)。

文献[編集]

ロベール・ドアノー(左)とケルテース・アンドル(1975年)
  • 『パリ-ロベール・ドアノー写真集』、(堀内花子 編訳・岩波書店・2009年)
  • 『芸術家たちの肖像-ロベール・ドアノー写真集』、(堀内花子訳・岩波書店・2010年1月)
  • 『ロベール・ドアノー』(ジャン=クロード・ゴートラン、Jean-Claude Gaufrand・タッシェンジャパン(アイコン・シリーズ)・2003年)
  • 『ドアノー写真集』、(全4巻・堀内花子 訳・リブロポート・1992年)
  • 今橋映子 『<パリ写真> の世紀』(白水社・2003年)、この本の522ページには、次のような記載がある
     実は、一九五〇年『ライフ』誌のこの記事(引用者注:ドアノーの作品「市庁舎前のキス」を含む、「パリの恋人たち」と題する3ページ続きのレポート)は、数組の俳優たちを使って、パリを舞台に撮影された「演出写真」であった。
  • 今橋映子編著 『都市と郊外リーディングス』、195-237ページの「第4章 〈パリ写真〉の世紀」(NTT出版、2004年)も参照。    

日本での展覧会[編集]

  • ドワノー展(京都・何必館現代美術館、1998年)
  • パリ・ドアノー ロベール・ドアノー写真展(2008年10月7日(火)~13日(月・祝)・日本橋三越本店新館7階ギャラリー、2009年1月31日(土)~2月22日(日)京都伊勢丹美術館「えき」KYOTO):2006年10月にパリ市庁舎内で開催された、フランス11年ぶりの大回顧展の日本巡回展であり、作品約200点が展示された。Crevisによる紹介
  • ロベール・ドアノー生誕100年記念写真展(東京都写真美術館、2012年3月24日(土) ~ 5月13日(日))
  • パリに恋して 生誕100年 ロベール・ドアノー展(札幌芸術の森美術館、2013年6月1日(土)~7月7日(日))

出典[編集]

外部リンク[編集]