ロバート・ウィン=キャリントン (初代リンカンシャー侯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代リンカンシャー侯爵
ロバート・ウィン=キャリントン
Robert Wynn-Carrington,
1st Marquess of Lincolnshire
1stMarquessOfLincolnshire.jpg
初代リンカンシャー侯
生年月日 1843年5月16日
出生地 イギリスの旗 イギリスロンドンホワイトホール
没年月日 1928年6月13日 (満85歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスバッキンガムシャーハイ・ウィカム
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 自由党
称号 ガーター勲章勲爵士(KG)、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士(GCMG)、枢密顧問官(PC)、州副知事(DL)、治安判事(JP)

任期 1885年12月10日 - 1890年11月3日

内閣 キャンベル=バナマン内閣、第1次アスキス内閣
任期 1905年12月10日 - 1911年10月23日

内閣 第1次アスキス内閣
任期 1911年10月23日 - 1912年

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 ウィコム選挙区英語版[1]
任期 1865年7月11日 - 1868年3月17日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1868年 - 1928年6月13日[1]
テンプレートを表示

初代リンカンシャー侯爵、チャールズ・ロバート・ウィン=キャリントン: Charles Robert Wynn-Carrington, 1st Marquess of Lincolnshire, KG, GCMG, PC, DL, JP1843年5月16日 - 1928年6月13日)は、イギリスの貴族、政治家(自由党所属)。

1868年に「キャリントン男爵」を相続し、1895年に「キャリントン伯爵」へ、1912年に「リンカンシャー侯爵」へそれぞれ叙された。

経歴[編集]

ロンドンホワイトホールで、第2代キャリントン男爵英語版ロバート・キャリントン英語版の長男として生まれた[2][3][4][5]。母親のシャーロッテ・オーグスタ・ドラモンド=ウィラビーは第22代ウィラビー・ドゥ・アーズビー男爵英語版ピーター・ドラモンド=バレル英語版の娘で、キャリントンの二人目の妻であった[2][3][4][5]。なお出生時の姓は「Carrington」であったが、勅許を得て1880年に「Carington」へ、さらに1896年に「Wynn-Carrington」へ改めている[2][3][4][5]

イートン・カレッジを経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1864年に学士号(B.A.)を取得[6]1879年に母親が死去したため、世襲職である式部卿Lord Great Chamberlain; 式部長官[訳語疑問点]の一人となる[2][3][5][註 1]

1865年から襲爵により貴族院へ移る1868年までバッキンガムシャーハイ・ウィカム選挙区選出の自由党所属庶民院議員[7]ウィリアム・グラッドストンの下で1881年から1885年まで近衛兵ジェントルマン・アット・アームス英語版隊長英語版を務め[2][3][4][5]、また1881年には枢密顧問官に列せられた[8]

1885年ニューサウスウェールズ植民地総督に任命され[9]1890年までシドニーへ赴任[4]。帰国後、グラッドストンと第5代ローズベリー伯爵アーチボルド・プリムローズの下で1892年から1895年まで王室侍従長Lord Chamberlain; 宮内長官[訳語疑問点]を務めた[10]。1895年に「カウンティ・オヴ・バッキンガムにおけるチェッピング・ウィカムのウェンドーヴァー子爵(Viscount Wendover, of Chepping Wycombe in the County of Buckingham)」および「キャリントン伯爵(Earl Carrington)」に叙された[11]

1905年に自由党が政権を奪還すると、サー・ヘンリー・キャンベル=バナマンハーバート・ヘンリー・アスキスの下で1905年から1911年まで農漁庁長官英語版President of the Board of Agriculture[訳語疑問点]として[12]、1911年から1912年まで王璽尚書[13]として入閣した。この間1906年ガーター勲章を授けられ[2][3][4][5]、1912年の退任後に「リンカンシャー侯爵(Marquess of Lincolnshire)」に叙された[14]

1928年6月13日バッキンガムシャーハイ・ウィカムのドウズ・ヒル・ハウスで死去[2]。唯一の男子であったウェンドーヴァー子爵チャールズ・ロバート・ウィン=キャリントンが第一次世界大戦で戦死[15]していたため、キャリントン伯爵位とリンカンシャー侯爵位は断絶し、キャリントン男爵位のみが弟のルパート・キャリントン卿英語版によって相続された[2][3]

栄典[編集]

1907年の『バニティ・フェア』誌に描かれた似顔絵

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

第5代サフィールド男爵英語版チャールズ・ハーボード英語版の娘であるセシリア・マーガレット・ハーボードと1878年7月15日ロンドンホワイトホールチャペル・ロイヤルで結婚した[2][4][5]。彼女との間に以下の一男五女をもうけた[2][3]


註釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 式部卿を世襲する人物は複数人いるが、儀式において実際に活動するのは一名である。リンカンシャーは1910年から1928年まで式部卿職を務めた。

出典[編集]

  1. ^ a b c UK Parliament. “Hon. Charles Carington” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年5月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t Lundy, Darryl. “Sir Charles Robert Wynn-Carington, 1st and last Marquess of Lincolnshire” (英語). thepeerage.com. 2011年11月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h Cracroft-Brennan, Patrick. “Charles Robert [Carrington later Carington later Wynn-Carrington], 3rd Baron Carrington later 1st Earl Carrington later 1st Marquess of Lincolnshire, KG GCMG PC” (英語). Cracroft's Peerage. 2011年11月27日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g Martin, A. W. (1969). “Carrington, Charles Robert (1843–1928)” (英語). Australian Dictionary of Biography. Canberra: Australian National University. http://adb.anu.edu.au/biography/carrington-charles-robert-3169 2011年11月26日閲覧。. 
  5. ^ a b c d e f g PD-icon.svg Cokayne, George Edward, ed (1913). “CARRINGTON OF BULCOT LODGE and CARRINGTON OF UPON” (英語). The Complete Peerage. 3 (1 ed.). London: The St. Catherine Press, ltd. pp. 62-63. http://www.archive.org/stream/completepeerageo03coka#page/64/mode/2up 2011年11月27日閲覧。. 
  6. ^ a b c Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Smith (or Wynn-Carrington), the Hon.Charles Robert Wynn.”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  7. ^ Hansard 1803–2005: contributions in Parliament by Hon. Charles Carington
  8. ^ London Gazette: no. 24997, p. 3543, 1881年7月19日. 2011年11月27日閲覧。
  9. ^ London Gazette: no. 25477, p. 2631, 1885年6月6日. 2011年11月27日閲覧。
  10. ^ London Gazette: no. 26320, p. 4882, 1892年8月26日. 2011年11月27日閲覧。
  11. ^ London Gazette: no. 26646, p. 4158, 1895年7月23日. 2011年11月27日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 27863, p. 8897, 1905年12月12日. 2011年11月27日閲覧。
  13. ^ London Gazette: no. 28544, p. 7699, 1911年10月24日. 2011年11月27日閲覧。
  14. ^ London Gazette: no. 28586, p. 1558, 1912年3月1日. 2011年11月27日閲覧。
  15. ^ Casualty Details—Wynn-Carrington, Albert Edward Samuel C. R., Commonwealth War Graves Commission. 2011年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]

議会
先代:
マーティン・タッカー・スミス英語版
ジョン・レミントン・ミルズ英語版
ウィコム選挙区英語版選出庶民院議員
1865年 - 1868年
同一選挙区同時当選者
ジョン・レミントン・ミルズ英語版
次代:
ウィリアム・キャリントン閣下英語版
公職
先代:
第11代ハントリー侯爵英語版
ジェントルマン・アット・アームス隊長英語版
1881年 - 1885年
次代:
第9代コヴェントリー伯爵英語版
先代:
オーガスタス・ロフタス卿英語版
ニューサウスウェールズ州総督
1885年 - 1890年
次代:
第7代ジャージー伯爵
先代:
初代レーソム伯爵英語版
宮内長官英語版
1892年 - 1895年
次代:
初代レーソム伯爵英語版
先代:
オルウィン・フェローズ英語版
農漁庁長官英語版
1905年 - 1911年
次代:
ウォルター・ランシマン英語版
先代:
初代クルー伯爵
王璽尚書
1911年 - 1912年
次代:
初代クルー侯爵
宮廷職
先代:
第4代チャムリー侯爵英語版
式部長官英語版
1910年 - 1928年
次代:
ルイシャム子爵英語版
名誉職
先代:
初代ロスチャイルド男爵
バッキンガムシャー知事英語版
1915年 - 1923年
次代:
第3代コッテスロー男爵英語版
イギリスの爵位
新設 初代リンカンシャー侯爵英語版
1912年 - 1928年
廃絶
初代キャリントン伯爵
1895年 - 1928年
初代ウェンドオーバー子爵
1895年 - 1928年
グレートブリテンの爵位
先代:
ロバート・キャリントン英語版
第3代キャリントン男爵英語版
1868年 - 1928年
次代:
ルパート・キャリントン英語版