ヴィクター・チャイルド・ヴィリアーズ (第7代ジャージー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャージー伯ヴィクター

第7代ジャージー伯爵ヴィクター・チャイルド=ヴィリアーズ、(Victor Albert George Child Villiers, 7th Earl of Jersey ,1845年3月20日-1915年5月30日)は、イギリス保守党 の政治家および銀行家。連合王国貴族バス勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士、聖マイケル・聖ジョージ勲章ナイト・グランド・クロス勲爵士、枢密院顧問官DL治安判事などを授与、歴任した。

第6代ジャージー伯ジョージ・チャイルド=ヴィリアーズと、妻ジュリア・ピール(ロバート・ピールの娘)の子として誕生。14歳の時、父の死により爵位を継承、家業であるプライベートバンク、チャイルド&コー(Child & Co、現在はロイヤル・バンク・オブ・スコットランドのグループ企業)の所有者となった。イートン校オックスフォード大学ベリオール・カレッジを卒業。

彼はまた、活動的なフリーメイソン会員であった。

先代:
リンカンシャー侯
ニューサウスウェールズ州知事
1891年 - 1893年
次代:
ロバート・ダフ