ルーカス教授職

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルーカス教授職(ルーカスきょうじゅしょく、: Lucasian Professorship of Mathematics)は、ケンブリッジ大学数学関連分野の教授職の一つ。ニュートンバベッジディラックホーキングなどが務めたきわめて名誉ある地位である。

概要[編集]

ルーカス教授職は1663年ヘンリー・ルーカス英語版によって設けられた。王から公式に承認されたのは、1664年1月18日チャールズ2世によってである。

ルーカスは、1639年から1640年のケンブリッジ大学の大学選挙区選出議員 (Cambridge University's member of Parliament) を務めた人物である。ルーカスは遺言によって、自らの蔵書4000冊余りをケンブリッジ大学の大学図書館に遺贈し、さらに本教授職を設置するにあたって年に100ポンドを提供した。また、彼の遺言により、貧しい老人を収容するための養老院・病院建設に7000ポンドが贈られた。

ルーカスの遺言の中には、「この教授職にある者は教会で活動すべきではない」との要求があった。2代目ルーカス教授のアイザック・ニュートンは、イングランド国教会の教義とは異なるアリウス派を信仰していたことから、当時のケンブリッジ大学の全教員に義務付けられていた上位聖職者への叙階を拒否したのだが、その際の根拠とされたのがルーカスの遺言のこの部分である。王チャールズ2世はニュートンを支持し、本教授職に就く者全員が上位聖職者への叙階を拒否できるとした。

現在のルーカス教授職は、2009年に選任された理論物理学者のマイケル・グリーンである。

ルーカス教授職に就いた人物の一覧[編集]

フィクションにおけるルーカス教授職[編集]

テレビドラマシリーズ新スタートレック (TNG) の最終話で、Q(人類を超越した絶対的な力を持つQ連続体に属する生命体)がピカードに見せた、ありうる未来の1つの地球で、アンドロイドデータ(レギュラー登場人物の一人)はルーカス教授職に就いていた。

関連項目[編集]