ジョゼフ・ラーモア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼフ・ラーモア
人物情報
生誕 1857年7月11日
アイルランド
死没 1942年5月19日(満84歳没)
学問
研究分野 物理学
主な受賞歴 コプリ・メダル
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ジョセフ・ラーモアJoseph Larmor, 1857年7月11日 - 1942年5月19日)はアイルランド物理学者数学者

ベルファストクィーンズ・カレッジケンブリッジ大学で学び、1880年から1885年までクィーンズ・カレッジで教え、その後ケンブリッジの講師になる。1903年にストークスの後を継いでケンブリッジ大学数学教授(ルーカス講座主任教授)になる。

1900年の著書『エーテルと物質』が有名。新しい物理学の誕生する前の世代の物理学者としてとらえられることが多い。磁場中の電子の歳差運動(Larmor Precession)などに名を残している。

1911年から1922年までケンブリッジ大学選挙区英語版選出の庶民院議員を務めた[1]

出典[編集]

  1. ^ HANSARD 1803–2005

関連項目[編集]