ルリカケス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルリカケス
ルリカケス
ルリカケス Garrulus lidthi
保全状況評価[a 1]
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Oscines
: カラス科 Corvidae
: カケス属 Garrulus
: ルリカケス G. lidthi
学名
Garrulus lidthi Bonaparte, 1850
和名
ルリカケス
英名
Amami jay
Lidth's jay

ルリカケス(瑠璃橿鳥[1]Garrulus lidthi)は、動物界脊索動物門鳥綱スズメ目カラス科カケス属に分類される鳥類。

分布[編集]

日本奄美大島加計呂麻島請島[1][2][3][4][5]固有種[6][a 2]

徳之島では1920年に発見例があるが以後は確実な発見例が無い[1]。そのため飼育個体が脱走した可能性もある[a 2]

形態[編集]

全長38センチメートル、体重170-196グラム[1][2][3][5][6][a 2]。翼長15-18センチメートル[a 2]。頭部から頸部にかけての羽衣が紫がかった濃青色(瑠璃色)で[2][3][5][6][a 2]、和名の由来になっている[1]。額や喉の羽衣は黒く、喉に白い斑点が入る[6]。背と胸部から腹部にかけての羽衣は赤褐色[2][3][4][5][6][a 2]。尾羽や翼は濃青色で[2][3][5]、尾羽先端や風切羽先端は白い[6]。また尾羽に黒く細い横縞が入る[6][a 2]

嘴は象牙色[a 2]で、基部は青みを帯びる[6]

幼鳥は羽衣が褐色がかり、尾羽や翼の白色部がない[6]

生態[編集]

主にスダジイタブノキからなる常緑広葉樹林に生息するが[5][a 2]農耕地にも生息する[2][3][4][6]。非繁殖期には数羽から30羽の小規模な群れを形成し生活する[4]

食性は雑食で、昆虫クモ爬虫類両生類、鳥類の卵、果実種子などを食べる[5][a 2]。地表でも樹上でも採食を行う[5][a 2]。種子の貯蔵を行い、それらの散布にも役立っているとされる。

繁殖形態は卵生。繁殖期にはペアで生活する。主に樹洞や幹の隙間などに木の枝や葉、コケなどを組み合わせたお椀状の巣を作るが、岩の隙間、天井裏、巣箱にも巣を作る[3][4]。2-5月に1回に3-7個の卵を産む[4]。抱卵期間は約20日[a 2]

人間との関係[編集]

種小名lidthiはTheodoor Gerard van Lidth de Jeudeへの献名[1]

鹿児島県奄美大島の方言でヒューシャヒョウシャと呼ばれる[7]1965年(昭和40年)に鹿児島県の県鳥に指定されている。

過去には羽毛目的や標本目的の乱獲、現在は開発による生息地の破壊、人為的に移入されたノネコフイリマングースによる捕食などにより生息数は減少している[2][3][a 2]

1921年に種として国の天然記念物に指定されている[3]。本種の主な生息域である湯湾岳は国の天然記念物「神谷・湯湾岳(天然保護区域)」及び国指定湯湾岳鳥獣保護区に指定されている。

しかしながら、2008年(平成20年)現在ルリカケスは上記の減少の要因に対する対策がとられ、自然林の回復やジマングースの減少に伴い個体数が増加し、繁殖個体数は少なくとも1000個体と推定されている[8]

  • 鹿児島県レッドデータブック - 絶滅危惧II類

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、342頁。
  2. ^ a b c d e f g 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、102-103、196頁。
  3. ^ a b c d e f g h i 加藤陸奥雄、沼田眞、渡辺景隆、畑正憲監修 『日本の天然記念物』、講談社1995年、679頁。
  4. ^ a b c d e f 環境庁 『日本産鳥類の繁殖分布』、大蔵省印刷局1981年
  5. ^ a b c d e f g h 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科9 鳥類III』、平凡社1986年、162頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、608頁。
  7. ^ 高美喜男 「ルリカケス」 『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』 財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、65頁、ISBN 4-9901588-0-6
  8. ^ 環境省報道発表平成20年7月18日の別添1 (pdf)
  • 財団法人鹿児島県環境技術協会編 『かごしまの天然記念物データブック』 南日本新聞社、11頁、1998年。
  • 高美喜男 「ルリカケス」 『鹿児島県の絶滅のおそれのある野生動植物 -鹿児島県レッドデータブック動物編-』 財団法人鹿児島県環境技術協会、2003年、65頁、ISBN 4-9901588-0-6

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2008. Garrulus lidthi. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 環境省 自然環境局 生物多様性センター
執筆の途中です この項目「ルリカケス」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類