ルビー・カイロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルビー・カイロ
Ruby Cairo
監督 グレーム・クリフォード
脚本 ロバート・ディロン
マイケル・トーマス
原案 ロバート・ディロン
製作 菅原浩志
ロイド・フィリップス
製作総指揮 角川春樹
出演者 アンディ・マクダウェル
リーアム・ニーソン
ヴィゴ・モーテンセン
音楽 ジョン・バリー
撮影 ラズロ・コヴァックス
編集 キャロライン・ビッガースタッフ
ポール・ルベル
マーク・ウィニツキー
製作会社 ミラマックス
配給 日本の旗 松竹富士
アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
公開 日本の旗 1992年12月12日
イギリスの旗 1993年4月30日
アメリカ合衆国の旗 1993年10月29日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $608,866[1]
日本の旗2.5億円(配給収入[2]
テンプレートを表示

ルビー・カイロ』(原題: Ruby Cairo)は、1992年制作のアメリカ合衆国日本イギリス合作のミステリサスペンス映画

角川春樹ハリウッド進出第1弾として手掛けた作品であったが、30億円の製作費に対してわずか5億円前後の回収にとどまり興行的に失敗、これが角川春樹と弟の角川歴彦の対立を呼び、角川書店お家騒動が勃発する引き金となった[3]

あらすじ[編集]

ロサンゼルスに住む主婦ベッシーのもとに、パイロットの夫ジョニーの黒く焼け焦げた入れ歯が届き、彼がメキシコで墜落死した事を知る。

しかし、ジョニーのオフィスが荒らされているのを不審に思ったベッシーは机の引き出しの奥に隠されていたベースボールカードの束を見つけ、それに暗号で世界中の銀行口座番号が記されているのを見つける。

ベッシーは偶然出会った「世界の飢餓を救う会」の代表であるラム博士と共に世界中を巡り、ジョニーの死の謎を追う。そして、最終的にエジプトに辿り着いたベッシーはジョニーの意外な裏の顔を知る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

漫画版[編集]

書誌情報

高口里純 『ルビー・カイロ』 角川書店〈ヤングロゼコミックス deluxe〉全1巻

脚注[編集]

  1. ^ Release info from imdb.com”. imdb.com. 2010年9月23日閲覧。
  2. ^ 中川右介 「資料編 角川映画作品データ 1976-1993」『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』 角川マガジンズ2014年ISBN 4-047-31905-8
  3. ^ 岩上安身誰も書かなかった『角川家の一族』(前編)」『宝島30』1993年11月号、宝島社

外部リンク[編集]