ルネ・スピッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルネ・スピッツ
René Árpád Spitz
人物情報
生誕 1887年1月29日
オーストリアの旗 オーストリアウィーン
死没 1974年9月14日(満87歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国デンバー
居住 オーストリアの旗 オーストリア
ハンガリーの旗 ハンガリー
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
スイスの旗 スイス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身校 ブダペスト・ロイヤルハンガリアン大学
学問
研究分野 精神医学
精神分析学
対象関係論
児童精神医学
影響を
受けた人物
フェレンツィ・シャーンドル
ジークムント・フロイト
テンプレートを表示
ルネ・スピッツの記念銘板

ルネ・スピッツ: Rene Spitz1887年1月29日1974年9月14日)は、ウィーン生まれのアメリカ合衆国医学者精神科医。専門は精神分析学児童精神医学コロラド大学名誉教授乳児期研究に没頭し、自我形成と母と子の関係性の成立過程を追い、愛着理論の定式化に大きく貢献した[1]

来歴[編集]

人物[編集]

幼少期をハンガリーで過ごした。大学在学中にフェレンツィの研究に加わり、彼の紹介で2年間フロイトから教育分析を受けている。フロイトの成人期を対象とした研究とは対照的に、スピッツは乳児期の研究を精力的に行った。その研究成果は愛着理論の形成に大きな影響を与えた。

著作[編集]

著書[編集]

  • Spitz, R.A. (1957). No and yes : on the genesis of human communication. New York : International Universities Press.
  • Spitz, R.A. (1965). The first year of life : a psychoanalytic study of normal and deviant development of object relations. New York : International Universities Press.

論文[編集]

  • Spitz, R.A. (1945). Hospitalism—An Inquiry Into the Genesis of Psychiatric Conditions in Early Childhood. Psychoanalytic Study of the Child, 1, 53-74.
  • Spitz, R.A. (1951). The Psychogenic Diseases in Infancy—An Attempt at their Etiologic Classification. Psychoanalytic Study of the Child, 6, 255-275.
  • Spitz, R.A. (1964). The derailment of dialogue: Stimulus overload, action cycles, and the completion gradient. Journal-of-the-American-Psychoanalytic-Association, 12, 752-774...

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小此木啓吾 他(編) 『精神分析事典』 岩崎学術出版社2002年ISBN 9784753302031 pp.527-528

関連人物[編集]

関連項目[編集]