メアリー・エインスワース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メアリー・エインスワース
Mary Ainsworth
人物情報
生誕 1913年12月1日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州
死没 1999年3月21日(満85歳没)
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
イギリスの旗 イギリス
出身校 トロント大学
タビストック・クリニック
学問
研究分野 心理学
精神分析学
テンプレートを表示

メアリー・エインスワース: Mary Dinsmore Salter Ainsworth1913年12月1日 - 1999年3月21日)は、オハイオ州生まれのアメリカ合衆国心理学者愛着理論安全基地などの概念で知られる[1]

人物[編集]

1913年アメリカ合衆国オハイオ州に生まれた。三人姉妹の長女であった。エインスワースが5歳の頃に、カナダ・トロントに移住し、子ども時代の大部分をその地で過ごした。1954年にはアフリカウガンダで愛着に関する動物行動学的な研究を行い、後に人間の愛着理論の形成に大きく貢献した[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Women's Intellectual Contributions to the Study of Mind and Society”. Webster University Linda M. Woolf, Ph.D.. 2013年5月6日閲覧。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]