リン酸鉄(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リン酸鉄(III)
識別情報
CAS登録番号 10045-86-0
特性
化学式 FePO4
モル質量 150.816 g/mol
密度 2.87 g cm−3(2水和物)
構造
結晶構造 単斜晶系(2水和物)
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −1297.5 kJ mol−1(無水)
−1888.2 kJ mol−1(2水和物)[1]
標準モルエントロピー So 171.25 J mol−1K−1(2水和物)
標準定圧モル比熱, Cpo 180.54 J mol−1K−1(2水和物)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

リン酸鉄(III)(リンさんてつ、Iron(III) phosphateもしくはferric orthophosphate)はリン酸塩の一種で、組成式がFePO4で表される無機化合物である。リン酸第二鉄とも呼ばれる。有機農業において、ナメクジカタツムリの駆除に用いられる[2]が、従来使われていたメタアルデヒドに比べ、ペット野生動物に対する毒性は低い。リン酸鉄リチウムイオン電池 (Lithium iron phosphate battery正極に使われるリン酸鉄リチウム (Lithium iron phosphateの原料ともなる。五水和物の形で市販されている。

生成[編集]

塩化鉄(III)リン酸を封管中で180℃、2〜3時間程度加熱すると二水和物が析出する[3]

FeCl3·6H2O + H3PO4 → FePO4·2H2O + 3 HCl + 4 H2O

性質[編集]

二水和物はバラ色の単斜晶系の結晶であり、冷水にはほとんど溶けず、塩酸に溶ける。

20℃における溶解度積は以下の通りである[4]

FePO4  \rightleftarrows\ Fe3+(aq) + PO43−(aq),  Ksp = 1.3×10−22

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ リン酸第二鉄はなぜナメクジに効くのか(WINEPブログ)
  3. ^ 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  4. ^ 日本化学会編 『化学便覧 基礎編 改訂4版』 丸善、1993年