塩化鉄(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
塩化鉄(III)
塩化鉄(III) 六水和物
塩化鉄(III) 六水和物
一般情報
IUPAC名 塩化鉄(III)
別名 塩化第二鉄,第二塩化鉄
組成式 FeCl3
式量 162.22 g/mol
形状 黒褐色六方晶結晶または粉末(無水物)

黄褐色単斜結晶または粉末(六水和物)

CAS登録番号 7705-08-0
性質
密度 2.804 g/cm3, 固体
水への溶解度 92g/100 mL ( 20°C)
アセトンへの溶解度 63g/100 mL ( 18°C)
融点 282 °C(無水物)
沸点 351 °C(無水物)

塩化鉄(III)(えんかてつ(III)、Iron(III) chloride)は、組成式 FeCl3の無機化合物である。かつては塩化第二鉄(えんかだいにてつ、ferric chloride)とも呼ばれた。金属光沢がある。融点は 302 ℃。アルコールエーテルに可溶である。潮解性がある。水和物は黄褐色(写真)を呈する。水に溶かすと赤褐色の溶液となる。

塩化鉄(II)酸素空気により酸化され生成したものは、不均化および加水分解により酸化鉄(III)水酸化鉄(III)、塩基性塩化鉄(III) の沈殿が発生する。

結晶状態のものは強い酸化力を有する。濃厚な水溶液でも酸化作用を示すので、これは箔を腐食するプリント基板のエッチング剤として利用されている。また、美術でのエッチングによる版画の腐食液にも用いられる。

フェノール類に加えると呈色するため、それらの検出に用いられる。ヘキサシアノ鉄(II) 酸カリウムとの反応で濃青色沈殿が生成する。

塩化鉄(III) の2004年度日本国内生産量は 356,472 t、工業消費量は 29,314 tである。

生成[編集]

塩化鉄(II)塩素の反応で生成される。

\rm 2FeCl_2 + Cl_2 \longrightarrow 2FeCl_3

または、塩化鉄(II)二酸化硫黄塩化水素の反応で生成される。

\rm 32FeCl_2 + 8SO_2 + 32HCl \longrightarrow 32FeCl_3 + S_8 + 16H_2O

反応[編集]

塩化鉄(III)と酸化鉄(III)を約350℃まで加熱するとオキシ塩化鉄になる。

\rm FeCl_3 + Fe_2O_3 \longrightarrow 3FeOCl

3価の鉄イオンが銅に電子を与えて2価になり、銅は銅イオンになる。塩化鉄(III)は塩化鉄(II)になる。このプロセスをエッチングに利用する。

\rm FeCl_3 + Cu \longrightarrow FeCl_2 + CuCl
\rm FeCl_3 + CuCl \longrightarrow FeCl_2 + CuCl_2

参照資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]