臭化鉄(III)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
臭化鉄(III)
識別情報
CAS登録番号 10031-26-2
特性
化学式 FeBr3
モル質量 295.56g/mol
外観 赤褐色固体
密度 4.50gcm−3
融点

200℃ (分解)

危険性
Rフレーズ 36/37/38
Sフレーズ 26-37/39
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

臭化鉄(III)(しゅうかてつIII、Iron(III) bromide)は、化学式 FeBr3無機化合物である。赤褐色の化合物で、芳香族化合物ハロゲン化ルイス酸触媒として使われる。と反応して酸性を示す。

構造、合成、性質[編集]

FeBr3はFeを中心とした六配位、正八面体構造を特徴としたポリマー構造を形成する[1]。安価に販売されており、金属鉄を臭素で処理することで作られる:

2 Fe + 3 Br2 → 2 FeBr3

200℃以上に熱すると分解して臭化鉄(II)となる。

FeBr3 → FeBr2 + 0.5 Br2

塩化鉄(III)は非常に安定であり、臭素より大きな酸化力を持つ。そして、従来の傾向に追随して、ヨウ化鉄(III)はその三臭化物より不安定である[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Holleman, A. F.; Wiberg, E. "Inorganic Chemistry" Academic Press: San Diego, 2001. ISBN 0-12-352651-5.

外部リンク[編集]