ラム・ナラヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラム・ナラヤン
演奏するナラヤン、2009年}
演奏するナラヤン、2009年
基本情報
出生 1927年12月25日(86歳)
ウダイプル, メーワール藩王国, イギリス領インド帝国
ジャンル ヒンドゥースターニー音楽
担当楽器 サーランギー
活動期間 1944–現在
共同作業者 Abdul Wahid Khan, Chatur Lal, Brij Narayan
公式サイト Pandit Ram Narayan

ラム・ナラヤン(ヒンディー語: राम नारायण; IAST: Rām Nārāyaṇ) (1927年12月25日生) はヒンドゥー伝統音楽で使われるサーランギーを演奏し、国際的にも演奏活動しているインドの音楽家。

ナラヤンはウダイプルに生まれ、早くからサーランギーを演奏した。10代の頃はサーランギー奏者や伝統歌手の下で学び、 旅をしながら演奏活動を続けた。1944年、ラホール(当時は英領インド、現パキスタン)のインド国営放送付きの伴奏者として働いた。1947年のインド・パキスタン分離独立に伴いデリーに移り、そこで伴奏者としての活動に見切りをつけ、1949年にムンバイに移ってインド映画音楽に参加した。

1954年からソロ活動を始めたが、当初は人気がなく、1956年になってようやく成功した。それからはソロアルバムのレコーディングを始め、1960年代にはアメリカやヨーロッパにも演奏旅行した。2000年代になると、インド国外での演奏指導も行うようになった。2005年にインドの2等勲章であるパドマ・ビブーシャン英語版を受章。

若き日[編集]

Side view of an ornately decorated palace with several towers on a hill over a city of terraced houses.
ウダイプルの宮殿

ラム・ナラヤンは1927年12月25日、イギリス領インド藩王国の一つメーワール藩王国英語版の首都ウダイプルで生まれた[1]

ナラヤンの高祖父バガージー・ビヤーヴァトはアンベール出身の歌手であり、曽祖父サガド・ダーンジー・ビヤーヴァトはウダイプルマハーラーナー英語版(王)の宮廷付歌手であった[2]。ナラヤンの祖父ハル・ラールジー・ビヤーヴァト、父ナートゥージー・ビヤーヴァトは農民であり歌手でもあった。ナラヤンの父Nathujiはディルルバー英語版を演奏し、母も音楽好きであった[3]

ナラヤンの母語ラージャスターニー語の一方言であり[4]、後にヒンディー語と英語を学んだ[5]。ナラヤンは6歳の時、家の顧問グルが置いていった小さなサーランギーに興味を持ち、父から奏法を教えられた[6][7]。ただし、当時のサーランギーは娼婦を思わせることもある楽器だったため、父はナラヤンをやや心配した[3]。1年後、ナラヤンの父はジャイプルのサーランギー奏者メヘブーブ・カーンの元に息子を通わせようとしたが、カーンがナラヤンの指使いがまるでなっていないと指摘したため[7]、息子の弟子入りは取りやめにして、まずは学校を出るように勧めた[6]

ナラヤンは10歳になると、古いヒンドゥースターニー音楽の一つであるドゥルパド英語版を、サーランギー奏者ウダイ・ラールを手本として勉強した[7][8]。ラールの死後、ナラヤンはマイハル英語版の王宮で歌手を務めているラクナウ出身のマーダヴ・プラサードを訪ね[9][10]、プラサードと師弟の契りを結んだ[11]。プラサードはナラヤンにヒンドゥスターニー古典声楽の技法カヤール英語版を教え、4年後、ナラヤンはウダイプルに戻った[8][9]。プラサードは後にナラヤンを訪ね、定住しての音楽活動ではなく、旅をしながらの演奏をするよう忠告しているが[9]、ナラヤンの家族は安定した生活を捨てることに賛成しなかった[10]。プラサードがラクナウで死ぬまで、ナラヤンは実家に住みながらインドの各地に演奏旅行を行った[9][12]。ナラヤンは一時期別の師からガンダ・バンダン(ganda bandhan)を習っているが、間もなくラホールに移動したためそれきりになっている[11]

演奏活動[編集]

ナラヤンは1944年、映画スタジオでの仕事を探すためにラホールに向かったが、成功しなかった[9]。ナラヤンはただの歌手としてインド国営放送英語版 (AIR)のオーディションを受けたが、音楽プロデューサーのジーヴァン・ラール・マットゥーがナラヤンの爪を見て彼がサーランギー奏者であることに気付き[9][13]、サーランギーを演奏できる歌手として採用した[9]。マットゥーはナラヤンのために住む部屋も用意し、ラーガの師としてカヤール歌手のアブドゥル・ワーヒド・カーン英語版を紹介した。カーンは厳しい教師として有名であったが、サーランギーを習得しているナラヤンは短期間にこれをマスターした[14]

A middle-aged man wears a shirt and looks to the side with a bowed instrument held close to his body.
中堅時代のナラヤン

1947年のインド分割の後、ナラヤンはパキスタンとなったラホールからデリーへと引越し、デリーのインド国営放送(AIR)で演奏活動を行い、曲や演奏スタイルのレパートリーを増やしていった[15]。1948年にはAIRデリーで活動を始めた歌手のアミル・カーン英語版とユニットを組んだ[16][17]。カーンとのユニットでナラヤンは時々ソロパートを任されたことで、ソロ歌手としての活動を検討し始めた[18]。ナラヤンは歌手の単なる無名伴奏者としての活動を拒否し始めた[18]。それまで、サーランギーに限らず、弦楽器演奏は単なる歌手の伴奏に過ぎず、あるいは歌手が時々息を整える時間を稼ぐものでしかなかった[19]。単なる伴奏者に徹しないナラヤンに不平を言う歌手もいたが[18][20]、ナラヤンは歌手と互いを競い合いたいと主張した[19]。ナラヤンに賛同する歌手やタブラ奏者も多かった[20]

ナラヤンは単なる伴奏者としての活動に見切りをつけ、フリーとして映画音楽やレコーディングの活動をするため、1949年にムンバイへと移った[15][21]。1950年にはイギリスのHMVでソロとして3曲のレコーディングを行い、1951年にはヴィラーヤト・カーン英語版とのレコーディングも行っている[15][22]。ただし、あまり売れなかった[23]。一方、映画音楽での作曲と演奏は成功した[24]。その後15年間、ナラヤンはHumdard, Adalat, Milan, Gunga Jumna,[25] Mughal-e-Azam, Kashmir Ki Kali などの映画のために作曲し、歌った[26][27]

The front of a tall neo-Gothic building with a porch is seen behind palm trees.
ジャハーンギール公会堂(2007年)

ナラヤンは1952年にアフガニスタン、1954年に中華人民共和国で演奏し、共に好評だった[28]。ナラヤンの初のソロコンサートは1954年、ジャハーンギール公会堂英語版で行われたムンバイ音楽祭においてであった。ただし、ラヴィ・シャンカルアリー・アクバル・カーン英語版といった大物のソロコンサートの間の短い1コマに過ぎなかったため、あまり話題にならなかった[23][29]。1956年のムンバイ音楽祭では少数の聴衆に対しての演奏会を開き、好評を得た[16][29]。ナラヤンは1960年代に伴奏者の仕事を止めた[30]。当時はサーランギー独奏の需要はまだなかった[31]。しかし先にインド出身でシタール奏者のラヴィ・シャンカルが成功を収めていたこともあり、ナラヤンも間もなく成功したインド器楽家の1人になった[32]。1960年代から、ナラヤンはインド国外でのコンサートやレッスンを行うようになった[5]。西洋では、チェロやバイオリンと似た楽器としてサーランギーが受け入れられた[33]。その後は数十年間にわたり、インド、アメリカ、ヨーロッパで演奏し、レコーディングを行った[16][21]。1980年代になると、ナラヤンは1年の2,3ヶ月を西洋諸国の演奏旅行に費やした[28]。2000年代になると、演奏活動の回数が減った[34]。2009年、ナラヤンは娘のアルナと共に、ロイヤル・アルバート・ホールで行われた英国放送協会主催のBBCプロムスで演奏を行っている[35]

作品[編集]

著書[編集]

  • Sorrell, Neil; Narayan, Ram (1980). Indian Music in Performance: a practical introduction. Manchester University Press. ISBN 0719007569. 

参考文献[編集]

  1. ^ Bor, Joep (March 1, 1987). “The Voice of the Sarangi”. Quarterly Journal (Mumbai, India: National Centre for the Performing Arts) 15, 16 (3, 4; 1): p. 148. 
  2. ^ Sorrell, Neil; Narayan, Ram (1980). Indian Music in Performance: a practical introduction. Manchester University Press. p. 11. ISBN 0719007569. 
  3. ^ a b Sorrell 1980, p. 13
  4. ^ Qureshi, Regula Burckhardt (2007). Master musicians of India: hereditary sarangi players speak. Routledge. p. 108. ISBN 0415972027. 
  5. ^ a b Qureshi 2007, p. 109
  6. ^ a b Sorrell 1980, p. 14
  7. ^ a b c Bor 1987, p. 149
  8. ^ a b Bor, Joep; Rao, Suvarnalata; Van der Meer, Wim; Harvey, Jane (1999). The Raga Guide. Nimbus Records. p. 180. ISBN 0954397606. 
  9. ^ a b c d e f g Bor 1987, p. 151
  10. ^ a b Sorrell 1980, p. 15
  11. ^ a b Sorrell 1980, p. 17
  12. ^ Sorrell 1980, p. 16
  13. ^ Bor 1987, p. 30
  14. ^ Sorrell 1980, p. 19
  15. ^ a b c Bor 1987, p. 152
  16. ^ a b c Neuhoff, Hans (2006). “Narayan, Ram”. In Finscher, Ludwig (German). Die Musik in Geschichte und Gegenwart: allgemeine Enzyklopädie der Musik. 12 (2nd ed.). Bärenreiter. pp. 911–912. ISBN 3761811225. 
  17. ^ Qureshi 2007, p. 116
  18. ^ a b c Sorrell 1980, p. 20
  19. ^ a b Sorrell 1980, p. 21
  20. ^ a b Sorrell 1980, p. 22
  21. ^ a b Qureshi 2007, p. 107
  22. ^ Chandvankar, Suresh (2004年5月3日). “LP/EP Records”. Screen. http://www.screenindia.com/old/fullstory.php?content_id=7421 2009年7月23日閲覧。 
  23. ^ a b Ghosh, Soma. “एक जुनून है सारंगी” (Hindi). Yahoo! India. 2009年7月19日閲覧。
  24. ^ Qureshi 2007, p. 17
  25. ^ Qureshi 2007, p. 119
  26. ^ Suryanarayan, Renuka (2002年10月27日). “Sarangi maestro returns to where it began”. The Indian Express. http://cities.expressindia.com/fullstory.php?newsid=33558 2009年4月16日閲覧。 
  27. ^ An Interview with Pandit Ram Narayan”. Official website. 2009年6月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月25日閲覧。
  28. ^ a b Sorrell 1980, p. 25
  29. ^ a b Sorrell 1980, p. 24
  30. ^ Bor 1987, p. 153
  31. ^ Neuman 1990, pp. 93, 263
  32. ^ Bor, Joep; Bruguiere, Philippe (1992). Masters of Raga. Berlin: Haus der Kulturen der Welt. p. 48. ISBN 3803005019. 
  33. ^ Roy, Ashok (2004). Music Makers: Living Legends of Indian Classical Music. Rupa & Co.. p. 206. ISBN 8129103192. 
  34. ^ Patil, Vrinda (2000年12月9日). “Dying strains of sarangi”. The Tribune. http://www.tribuneindia.com/2000/20001209/windows/main2.htm 2009年3月8日閲覧。 
  35. ^ Hewett, Ivan (2009年8月17日). “BBC Proms 2009: Indian Voices – review”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/music/proms/6044228/BBC-Proms-2009-Indian-Voices---review.html 2009年8月17日閲覧。 

外部リンク[編集]