ラマー・ウッドリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラマー・ウッドリー

LaMarr Woodley
ピッツバーグ・スティーラーズ No. 56

LaMarr Woodley.JPG
アウトサイドラインバッカー
生年月日:1984年11月3日(30歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ミシガン州サギノー
身長:6' 2" =約188cm 体重:265 lb =約120.2kg
NFLデビュー
2007年ピッツバーグ・スティーラーズ
経歴
大学ミシガン大学
NFLドラフト2007年 / 2巡目(全体の46番目)
 所属チーム:
通算成績
(2012年までの成績)
タックル     263回
サック     52.0回
インターセプト     5回
ファンブルフォース     8回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録
  • ロンバルディ賞(2006年)
  • テッド・ヘンドリクス賞(2006年)
  • スーパーボウルチャンピオン(第43回

ラマー・ウッドリー(LaMarr Woodley, 1984年11月3日- )はミシガン州サギノー出身のプロフットボールプレイヤー。現在NFLピッツバーグ・スティーラーズに所属している。ポジションはアウトサイドラインバッカー(OLB)

経歴[編集]

高校時代[編集]

高校時代、後にデトロイト・ライオンズでプレーしたチャーリー・ロジャースNBA入りしたアンソニー・ロバートソンらとチームメートであった彼の学校は2000年に州のディビジョンIIで優勝を果たした。

高校時代の実績からRivals.comに全米で14位にランクされた彼はフロリダ大学ミシガン大学ミシガン州立大学南カリフォルニア大学を始めとする多くの大学からのリクルーティングを受けた彼はミシガン大学へ進学した。

大学時代[編集]

大学では主にディフェンシブエンドとしてプレーし時々ラインバッカーとして起用された。2006年、彼はチームメートからディフェンスのキャプテンに指名された。大学4年次に彼はビッグ・テン・カンファレンストップの12サックをあげて[1]カレッジフットボールの最優秀ラインマン(オフェンスとディフェンスを合わせた)に与えられるロンバルディ賞を受賞した。

受賞歴

ピッツバーグ・スティーラーズ[編集]

2007年のNFLドラフト2巡目でピッツバーグ・スティーラーズに指名された。当初ジョーイ・ポーターが着けていた55番だったがその後56番に背番号を変えた。デビューから2戦目のバッファロー・ビルズ戦でJ・P・ロスマンをサックしてプロ初サックをあげた。この年彼はディフェンスの全プレー933回のうち80回しか起用されなかったがチーム3位の4サックをあげた[2]

2008年、クラーク・ハガンズアリゾナ・カージナルスに移ったためアウトサイドラインバッカーとして先発出場するようになった。開幕戦で3タックル、1サック、1インターセプト、1ファンブルリカバーの成績をあげた。第4週のボルチモア・レイブンズ戦ではファンブルリカバータッチダウンをあげた。この年彼は11.5サックをマーク、チームメートのジェームズ・ハリソンと合わせての27.5サックはチーム記録となった[3]。チームも12勝4敗で地区優勝を果たしディビジョナルプレーオフではサンディエゴ・チャージャーズに35-24、AFCチャンピオンシップゲームでボルチモア・レイブンズを23-14で破り第43回スーパーボウルに出場した。ウッドリーはプレーオフ2試合でともに2サックをあげてチームの勝利に貢献した(前年のプレーオフ、ジャクソンビル・ジャガーズ戦でも2サックをあげていた彼はプレーオフで初めて3試合連続でマルチサックをあげた選手となった。)。スーパーボウルでも彼はカート・ワーナーを2度サックし、残り5秒では勝利を決定付けるファンブルを誘った。

2009年、第16週のボルチモア・レイブンズ戦では10タックル、2サック、1ファンブルフォースの大活躍を見せてNFLより初の週間最優秀守備選手に選ばれた[4]

62タックル、13.5サック、1ファンブルフォースの成績をあげた彼は負傷したブライアン・クッシングの代わりに自身初のプロボウルに選出された[5]

2010年、ニューイングランド・ペイトリオッツ戦でトム・ブレイディに危険なタックルを行ったとしてリーグより1万2500ドルの罰金を命じられた[6]。第13週のボルチモア・レイブンズ戦ではトロイ・ポラマルのファンブルフォースによるこぼれ球をリカバーし敵陣9ヤードまでリターンする活躍を見せた[7]。このシーズンのプレーオフ2試合でもサックをあげてプレーオフ6試合連続サックのNFL記録をあげて第45回スーパーボウルに臨む[8]。この年、10サック、3ファンブルフォース、2インターセプトをあげて、NFLでわずか5人しかいない2008年から2010年まで3年連続で2桁サックをあげた選手となった[9]。2011年2月23日にスティーラーズよりフランチャンズド・プレイヤーに指名された[10]

2011年5月NFLが導入を発表した危険な反則タックルを犯したチームに対する連帯責任導入について、ロジャー・グッデルNFLコミッショナーがアメリカンフットボールにつきもののハードヒットについて正しく理解しているのか疑問に思うとコメントをしている[11]。9月には目立った成績をあげていなかったが[12]、10月にはスティーラーズ史上歴代2位となる7.5サックをあげて[13]、AFC守備部門月間MVPに選ばれている[14]

2012年2月、サラリーキャップを超えているスティーラーズと契約の見直しを行い合意した[15]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2006 Big Ten Conference Team Statistics Through games of Jul 06, 2007”. ビッグ・テン・カンファレンス. 2011年2月6日閲覧。
  2. ^ The Steelers in 2008: Lamarr Woodley”. ピッツバーグ・ポスト=ガゼット (2008年9月5日). 2011年2月6日閲覧。
  3. ^ 互いをリスペクト、スティーラーズが誇る強力LBデュオ”. NFL JAPAN (2009年1月30日). 2011年2月6日閲覧。
  4. ^ プレイオフの望みつなげたLBウッドリーが選出 ディフェンス部門”. NFL JAPAN (2009年12月31日). 2011年2月6日閲覧。
  5. ^ LBウッドリー、クッシングの代役でプロボウル初選出”. NFL JAPAN (2010年1月24日). 2011年2月6日閲覧。
  6. ^ QBブレイディにハードヒット、LBウッドリーに罰金”. NFL JAPAN (2010年11月20日). 2011年2月6日閲覧。
  7. ^ スティーラーズ、宿敵レイブンズ撃破で地区首位に浮上”. NFL JAPAN (2010年12月6日). 2011年2月6日閲覧。
  8. ^ 第45回スーパーボウル、6つの注目マッチアップ”. NFL JAPAN (2011年2月2日). 2011年2月6日閲覧。
  9. ^ 年俸20倍! スティーラーズLBウッドリーがフランチャイズ指定”. NFL JAPAN (2011年2月19日). 2011年11月5日閲覧。
  10. ^ スティーラーズ、OLBウッドリーをフランチャイズ指定”. NFL JAPAN (2011年2月24日). 2011年11月5日閲覧。
  11. ^ スティーラーズの選手、反則タックルのチーム連帯責任に不満”. NFL JAPAN (2011年5月26日). 2011年11月5日閲覧。
  12. ^ マイケル・ロンバルディ (2011年10月9日). “第5週について思うこと -前編-”. NFL JAPAN. 2011年11月5日閲覧。
  13. ^ スティーラーズ、LBウッドリー出場は当日判断”. NFL JAPAN (2011年11月4日). 2011年11月5日閲覧。
  14. ^ サック量産のLBウッドリー、DEアレンが選出 月間MVP守備部門”. NFL JAPAN (2011年11月5日). 2011年11月5日閲覧。
  15. ^ スティーラーズ、CBマクファッデンらベテラン2人を放出”. NFL JAPAN (2012年2月10日). 2012年2月12日閲覧。

外部リンク[編集]