ヨニー・エルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨニー・エルナンデス
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
生年月日 1988年7月25日(25歳)
出身地 メデリン
ロードレース世界選手権での記録
- Moto2クラスに参戦 -
現在のチーム ブルセンス-STX
ゼッケン 68
チャンピオン 0
レース数 17
優勝回数 0
表彰台回数 0
PP回数 0
FL回数 0
通算獲得ポイント 32
2010年の成績 21位 (32ポイント)

ヨニー・エルナンデス ( Yonny Hernández, 1988年7月25日 - ) は、コロンビアメデリン出身のオートバイレーサー2010年よりロードレース世界選手権Moto2クラスに参戦中。

経歴[編集]

2002年、13歳のときよりモトクロスレースを始め、翌2003年にはコロンビア国内選手権85ccクラスでチャンピオンを獲得する。2005年には同選手権の125ccクラスチャンピオンとなった[1]

2007年にはスーパーモタードの国内選手権を制すると、2008年にはスペインに渡り、スペインスーパーモタード選手権に参戦。全戦で表彰台に立ち、2勝を挙げてシリーズランキング3位を記録した[1]

2009年にはロードレースに転向し、スペインロードレース選手権(CEV)のスーパースポーツクラスにスズキ・GSX-R600を駆って参戦。初戦アルバセテでの2位を皮切りに4度表彰台に立ち、シリーズ4位に入った[2]

2010年はラウール・ロメロ率いるブルセンスSTXチームより、ロードレース世界選手権で新たに始まったMoto2クラスにデビューを果たした。コロンビア人ライダーのGP参戦は、2005年から2006年にかけて250ccクラスに参戦したマルティン・カルデナス以来、史上2人目となった[3]。モタード仕込みの豪快なスライド走行[4]を見せたエルナンデスは、第2戦スペインGP第8戦ドイツGPでシーズン自己ベストの10位を記録、グランプリ初参戦のライダーの中では最上位となるシリーズ21位に入った。

2011年もチームに残留し、Moto2クラス2年目のシーズンを迎える[4]。また同年には、弟のサンティアゴ・エルナンデスもSAGチームからMoto2フル参戦デビューを果たす[5]

ロードレース世界選手権 戦績[編集]

ロードレース世界選手権[編集]

  • 凡例
  • ボールド体のレースはポールポジション、イタリック体のレースはファステストラップを記録。
シーズン クラス バイク 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2010年 Moto2 BQR-Moto2 QAT
Ret
SPA
10
FRA
12
ITA
20
GBR
Ret
NED
15
CAT
12
GER
10
--- CZE
23
IND
15
SMR
11
ARA
Ret
JPN
Ret
MAL
13
AUS
19
POR
18
VAL
14
21位 32
2011年 Moto2 FTR QAT
12
SPA
14
POR
18
FRA
20
CAT
9
GBR
9
NED
13
ITA
Ret
GER
6
--- CZE
Ret
IND
INJ
RSM
INJ
ARA
INJ
JPN
23
AUS
24
MAL
DSQ
VAL
6
19位 43
2012年 MotoGP
(CRT)
BQR-FTR QAT
14
SPA
POR
FRA
CAT
GBR
NED
GER
ITA
USA
IND
CZE
RSM
ARA
JPN
MAL
AUS
VAL
14位* 2*
  • * は、シーズン中の順位とポイント。

脚注[編集]

外部リンク[編集]