2010年のインディアナポリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカ合衆国の旗   2010年のインディアナポリスグランプリ
レース詳細
2010年のロードレース世界選手権 全18戦中第11戦
Indianapolis Moto GP.svg
決勝日 2010年8月29日
開催地 インディアナポリス・モーター・スピードウェイ
開催コース 常設サーキット
4.216km
MotoGP
ポールポジション ファステストラップ
アメリカ合衆国の旗 ベン・スピーズ スペインの旗 ダニ・ペドロサ
1:40.105 1:40.896
表彰台
1. スペインの旗 ダニ・ペドロサ
2. アメリカ合衆国の旗 ベン・スピーズ 3. スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ


Moto2
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 フリアン・シモン スペインの旗 フリアン・シモン
1:46.139 1:46.580
表彰台
1. スペインの旗 トニ・エリアス
2. スペインの旗 フリアン・シモン 3. イギリスの旗 スコット・レディング
125 cc
ポールポジション ファステストラップ
スペインの旗 マルク・マルケス スペインの旗 マルク・マルケス
1:48.124 1:48.672
表彰台
1. スペインの旗 ニコラス・テロル
2. ドイツの旗 サンドロ・コルテセ 3. スペインの旗 ポル・エスパルガロ


2010年のインディアナポリスグランプリは、ロードレース世界選手権2010年シーズン第11戦として、8月27日から29日までアメリカ合衆国インディアナ州インディアナポリス・モーター・スピードウェイで開催された。

概要[編集]

125ccクラス[編集]

125ccクラス予選ではポイントリーダーのマルク・マルケスがシーズン7度目となるポールポジションを獲得、ポイントランキング3位のニコラス・テロルが2番グリッドに続いた。ランキング2位のポル・エスパルガロはこのシーズン初めてフロントロウを取り逃がし、5番グリッドからのスタートとなった[1]

日曜日の決勝では、マルケスとテロルの2台が他を大きく離してレースをリードしていたが、9周目にマルケスが転倒した後はテロルの独走状態となり、2連勝・シーズン3勝目を遂げた。2位にはサンドロ・コルテセ、3位にエスパルガロが入った。マルケスは転倒により一時14番手にまで順位を落としたが、そこから怒濤の追い上げを見せて5番手でフィニッシュを果たした。しかし残り2周の時、コースをショートカットしていたことから20秒加算のペナルティを受け、最終的なリザルトは10位に終わった。

この結果ポイントランキングではマルケスが何とかトップを維持、テロルが僅か4ポイント差の2位に迫ってきた[2]

Moto2クラス[編集]

Moto2クラス予選では、チーム・アスパーフリアン・シモンが自身クラス初のポールポジションを獲得した。2番手にエクトル・ファウベル、3番手にはスコット・レディングと、マークVDSレーシングの2人が続いた[3]

決勝ではスタート直後に2箇所で多重クラッシュが発生し赤旗が掲示、26周の予定を17周に減算してレースをやり直すこととなった。この時のクラッシュで富沢祥也はマシンのフロントフォークが破損し、再スタートを断念した[4]

再レースではトニ・エリアス、シモン、レディングの3台がトップ集団を形成、最後はエリアスがシモンの追撃を抑えきって3連勝・シーズン5勝目を挙げた。2位のシモンはクラス自己最高位タイ、3位のレディングは自身クラス初の表彰台獲得となった。

ポイントランキングではトップのエリアスがランキング2位のアンドレア・イアンノーネに67ポイントの大差を築き、Moto2初代チャンピオン獲得に大きく近づいた[5]

MotoGPクラス[編集]

MotoGPクラスでは金曜日に、テック3・ヤマハベン・スピーズが2011年シーズンよりバレンティーノ・ロッシの後釜としてヤマハ・ファクトリーチームに移籍することが発表された[6]。そして土曜日の予選ではそのスピーズが自身初のポールポジションを獲得した。サテライトチーム勢のポール獲得は2008年の中国GPでのコーリン・エドワーズ以来の出来事となった[7]

日曜の決勝レース、序盤はスピーズがトップを維持していたが、7周目にレプソル・ホンダダニ・ペドロサがトップに立つとそのまま独走態勢を築くことに成功し、シーズン3勝目を遂げた。スピーズはこれまでで自己ベストリザルトとなる2位、3位にはホルヘ・ロレンソが続いた。第5戦イギリスGPでの転倒により椎骨を骨折し欠場を続けていたインターウェッテン・ホンダ青山博一は今回より実戦に復帰し、12位で完走を果たした。

ポイントランキングでは、ランキング2位のペドロサが今回の勝利によって若干差を詰めたものの、依然トップのロレンソとの間には68ポイントの大差が残った[8]

MotoGPクラス決勝結果[編集]

勝者ダニ・ペドロサ
順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 26 スペインの旗 ダニ・ペドロサ ホンダ 28 47:31.615 5 25
2 11 アメリカ合衆国の旗 ベン・スピーズ ヤマハ 28 +3.575 1 20
3 99 スペインの旗 ホルヘ・ロレンソ ヤマハ 28 +6.812 2 16
4 46 イタリアの旗 バレンティーノ・ロッシ ヤマハ 28 +12.633 7 13
5 4 イタリアの旗 アンドレア・ドヴィツィオーゾ ホンダ 28 +21.885 4 11
6 69 アメリカ合衆国の旗 ニッキー・ヘイデン ドゥカティ 28 +35.138 3 10
7 58 イタリアの旗 マルコ・シモンチェリ ホンダ 28 +36.740 8 9
8 19 スペインの旗 アルバロ・バウティスタ スズキ 28 +36.825 11 8
9 41 スペインの旗 アレックス・エスパルガロ ドゥカティ 28 +44.905 14 7
10 40 スペインの旗 エクトル・バルベラ ドゥカティ 28 +51.368 16 6
11 65 イタリアの旗 ロリス・カピロッシ スズキ 28 +55.386 10 5
12 7 日本の旗 青山博一 ホンダ 28 +57.903 13 4
13 14 フランスの旗 ランディ・ド・プニエ ホンダ 28 +1:04.139 17 3
Ret 36 フィンランドの旗 ミカ・カリオ ドゥカティ 18 アクシデント 15
Ret 5 アメリカ合衆国の旗 コーリン・エドワーズ ヤマハ 16 棄権 9
Ret 27 オーストラリアの旗 ケーシー・ストーナー ドゥカティ 7 アクシデント 6
Ret 33 イタリアの旗 マルコ・メランドリ ホンダ 2 アクシデント 12

Moto2クラス決勝結果[編集]

赤旗の原因となった多重クラッシュ
順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 24 スペインの旗 トニ・エリアス モリワキ 17 30:27.480 6 25
2 60 スペインの旗 フリアン・シモン スッター 17 +0.405 1 20
3 45 イギリスの旗 スコット・レディング スッター 17 +4.227 3 16
4 29 イタリアの旗 アンドレア・イアンノーネ スピードアップ 17 +5.978 26 13
5 3 イタリアの旗 シモーネ・コルシ モトビ 17 +7.058 4 11
6 40 スペインの旗 セルヒオ・ガデア ポンス カレックス 17 +9.432 8 10
7 12 スイスの旗 トーマス・ルティ モリワキ 17 +9.815 17 9
8 2 ハンガリーの旗 ガボール・タルマクシ スピードアップ 17 +10.141 16 8
9 42 アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ディ・サルボ FTR 17 +17.564 27 7
10 8 オーストラリアの旗 アンソニー・ウエスト MZ-RE ホンダ 17 +17.592 5 6
11 77 スイスの旗 ドミニク・エガーター スッター 17 +17.618 21 5
12 63 フランスの旗 マイク・ディ・メッリオ スッター 17 +20.527 22 4
13 71 イタリアの旗 クラウディオ・コルティ スッター 17 +26.008 14 3
14 80 スペインの旗 アクセル・ポンス ポンス カレックス 17 +28.353 28 2
15 68 コロンビアの旗 ヨンニ・エルナンデス BQR-Honda 17 +30.480 23 1
16 25 イタリアの旗 アレックス・バルドリーニ ICP 17 +30.538 20
17 34 アメリカ合衆国の旗 ロジャー・リー・ヘイデン モリワキ 17 +31.860 29
18 53 フランスの旗 バレンティン・デビーズ ADV 17 +32.255 31
19 9 アメリカ合衆国の旗 ケニー・ノエス プロモハリス 17 +32.500 30
20 52 チェコの旗 ルーカス・ペセック モリワキ 17 +32.529 15
21 39 ベネズエラの旗 ロベルティーノ・ピエトリ スッター 17 +44.569 33
22 5 スペインの旗 ホアン・オリベ プロモハリス 17 +44.956 36
23 41 ドイツの旗 アルネ・トーデ スッター 17 +52.993 32
24 88 スペインの旗 ヤンニック・ゲーラ モリワキ 17 +57.481 39
25 44 イタリアの旗 ロベルト・ロルフォ スッター 17 +1:16.404 19
26 72 日本の旗 高橋裕紀 テック3 14 +3 Laps 13
Ret 95 カタールの旗 マシェル・アル・ナイミ BQR-Honda 12 棄権 38
Ret 16 フランスの旗 ジュール・クルーセル スッター 11 アクシデント 18
Ret 14 タイ王国の旗 ラタパー・ウィライロー ビモータ 8 棄権 7
Ret 35 イタリアの旗 ラファエレ・デ・ロサ テック3 6 棄権 10
Ret 65 ドイツの旗 ステファン・ブラドル スッター 5 棄権 9
Ret 4 スペインの旗 リカルド・カルダス ビモータ 2 アクシデント 35
Ret 11 日本の旗 手島雄介 モトビ 2 アクシデント 37
Ret 55 スペインの旗 エクトル・ファウベル スッター 1 アクシデント 2
Ret 6 スペインの旗 アレックス・デボン FTR 1 アクシデント 34
Ret 61 ウクライナの旗 ウラジミール・イワノフ モリワキ 1 アクシデント 25
DNS 48 日本の旗 富沢祥也 スッター 1回目スタートでアクシデント 24
DNS 56 オーストリアの旗 ミハエル・ランセデール スッター 1回目スタートでアクシデント 11
DNS 10 スペインの旗 フォンシ・ニエト モリワキ 負傷 12
17 チェコの旗 カレル・アブラハム FTR FP2以降欠場

125ccクラス決勝結果[編集]

順位 No ライダー マニュファクチャラー 周回 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 40 スペインの旗 ニコラス・テロル アプリリア 23 42:19.223 2 25
2 11 ドイツの旗 サンドロ・コルテセ デルビ 23 +4.995 4 20
3 44 スペインの旗 ポル・エスパルガロ デルビ 23 +10.856 5 16
4 7 スペインの旗 エフレン・バスケス デルビ 23 +15.402 6 13
5 12 スペインの旗 エステベ・ラバト アプリリア 23 +19.912 10 11
6 99 イギリスの旗 ダニー・ウェブ アプリリア 23 +20.093 11 10
7 35 スイスの旗 ランディ・クルメナッハ アプリリア 23 +20.702 13 9
8 23 スペインの旗 アルベルト・モンカヨ アプリリア 23 +26.797 15 8
9 94 ドイツの旗 ジョナス・フォルガー アプリリア 23 +27.666 12 7
10 93 スペインの旗 マルク・マルケス デルビ 23 +39.840 1 6
11 53 オランダの旗 ジャスパー・イウェマ アプリリア 23 +46.153 19 5
12 39 スペインの旗 ルイス・サロム アプリリア 23 +52.556 7 4
13 14 フランスの旗 ヨハン・ザルコ アプリリア 23 +54.354 8 3
14 84 チェコの旗 ヤコブ・コーンフェール アプリリア 23 +54.402 18 2
15 32 イタリアの旗 ロレンツォ・サヴァドーリ アプリリア 23 +1:07.208 21 1
16 72 イタリアの旗 マルコ・ラバイオリ ランブレッタ 23 +1:24.117 25
17 15 イタリアの旗 シモーネ・グロツキー アプリリア 23 +1:25.890 14
18 87 イタリアの旗 ルカ・マルコーニ アプリリア 23 +1:53.618 26
Ret 71 日本の旗 小山知良 アプリリア 14 棄権 9
Ret 38 イギリスの旗 ブラッドリー・スミス アプリリア 12 アクシデント 3
Ret 26 スペインの旗 アドリアン・マルティン アプリリア 12 棄権 20
Ret 63 マレーシアの旗 ズルファミ・カイルディン アプリリア 11 棄権 23
Ret 78 ドイツの旗 マルセル・シュロッター ホンダ 8 アクシデント 17
Ret 55 スペインの旗 イサック・ビニャレス ランブレッタ 3 アクシデント 22
Ret 69 フランスの旗 ルイ・ロッシ アプリリア 1 棄権 24
DNS 5 フランスの旗 アレクシ・マスボー アプリリア スタートせず 16
DNQ 90 アメリカ合衆国の旗 Kristian Lee Turner アプリリア 予選落ち

脚注[編集]


前戦
2010年のチェコグランプリ
ロードレース世界選手権
2010年シーズン
次戦
2010年のサンマリノグランプリ
前回開催
2009年のインディアナポリスグランプリ
アメリカ合衆国の旗 インディアナポリスグランプリ 次回開催
2011年のインディアナポリスグランプリ