ヤンセン ファーマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤンセンファーマ株式会社
Janssen Pharmaceutical K.K.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 ヤンセン
本社所在地 日本の旗 日本
東京都千代田区西神田3-5-2
設立 1978年4月
業種 製薬業
事業内容 医薬品製造・開発
代表者 トゥーン・オーヴェルステンズ(Toon Overstijns)(代表取締役社長)
資本金 10億円
売上高 非公開
従業員数 約2,000名(2011年12月期)
決算期 12月
主要株主 ジョンソン・エンド・ジョンソン100%
テンプレートを表示

ヤンセン ファーマ株式会社 は、日本の医療用医薬品専門の製薬会社。世界60カ国に250以上のグループ企業を有し、総従業員数約114,000人の世界最大のトータルヘルスケアカンパニー「ジョンソン・エンド・ジョンソングループ」の一員である。

概要[編集]

同社の親会社・ヤンセンファーマシューティカ社は1953年、ベルギーポール・ヤンセンが創業、1961年にジョンソン・エンド・ジョンソングループに入り、現在は世界50カ国以上の国で3万人以上の社員が働いている。「患者さんのニーズが十分に満たされていない疾患領域でリーディングカンパニーとなること」を事業戦略の一つの柱にしており、5つの治療領域神経科学感染症腫瘍(がん)免疫疾患心血管/代謝系疾患における新たな製品開発に重点を置いている。

現在の主力製品としては、抗精神病剤のリスパダールと経口抗真菌剤イトリゾールがある。同社の日本での売上高は1000億円を突破(2008年)し、2011年には続々と新製品を発売。将来的には日本における製薬会社の売上トップ10入りを目指す方針を打ち出している。ジョンソン・エンド・ジョンソンの世界における売上高は約619億ドル(2009年)。

中枢神経領域においては、バーチャルハルシネーションという、統合失調症幻覚症状を疑似体験できる装置を独自に開発し、精神疾患に対する正しい理解が得られるよう啓蒙活動に力を入れている。

同社の前身が「ヤンセン協和株式会社」であることから、企業文化としては、「日本と欧米企業の良いところを併せ持った企業」というのを謳い文句としている。

同社は、親会社ジョンソン・エンド・ジョンソンの「我が信条(Our Credo)」を基本理念として共有している。これは「企業は顧客、社員、地域社会、株主に対して責任を持たなければならない」という経営哲学であり、グループの企業理念・倫理規定とされている。日本のジョンソン・エンド・ジョンソングループ本社ビルの1階にも大きく掲げられており、ビジネス書などでも度々取り上げられている。

沿革[編集]

  • 1978年4月 - 協和発酵工業(現 協和発酵キリン)とジョンソン・エンド・ジョンソンの合弁会社としてヤンセン協和株式会社が日本で発足。
  • 2001年 - ジョンソン・エンド・ジョンソン100%出資へ移行。
  • 2002年 - 1月、現在のヤンセンファーマ株式会社に社名変更。
  • 2009年 - ドイツのヤンセン・シラグ社出身のトゥーン・オーヴェルステンズが社長就任。

主な製品[編集]

真菌
  • イトリゾール:抗真菌剤/一般名-イトラコナゾール/カプセル50、内用液1%、注1%
  • ニゾラール:外用抗真菌剤/一般名-ケトコナゾール/クリーム、ローション
中枢神経
  • インヴェガ:抗精神病剤(統合失調症)/一般名-パリペリドン/徐放剤
  • リスパダール:抗精神病剤(統合失調症)/一般名-リスペリドン/錠、細粒、内用液、OD錠
  • リスパダール・コンスタ:持効性抗精神病剤(統合失調症)/一般名-リスペリドン/筋注
  • ネオペリドール:持効性抗精神病剤(統合失調症)/一般名-ハロペリドールデカン
  • コンサータ:小児用AD/HD治療薬/一般名-塩酸メチルフェニデート
  • トレドミン:セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤
疼痛
感染症
がん
その他

グループ企業[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]