ヤスニ生物圏保護区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヤスニ生物圏保護区(ヤスニせいぶつけんほごく、西: Parque Nacional Yasuní)は、エクアドル北部のナポ州内、アマゾン地域に位置している自然保護区である。エクアドルの国立公園に指定されている。

基礎データ[編集]

  • 総面積:168万2,000ヘクタール
  • 核心地域:50万ヘクタール
  • 緩衝地帯:70万ヘクタール
  • 推定移行地域:48万2,000ヘンクタール
  • 緯度:南緯00度10分 - 1度45分
  • 経度:西経75度20分 - 77度00分
  • 標高:200 - 300メートル

概要[編集]

アマゾンの平野部にありながら、地形は非常に曲がりくねったものになっている。アンデス山脈の丘陵地帯を源流とするナポ川を除き、国立公園内を走る何本もの川は海抜300〜600メートルの高さから流れ出ている。アンデス山脈の丘陵と交互に現れる平たんな低地が特徴的であり、ギアナ高地とブラジル高原に挟まれた盾状地のうち、コロンビア南部からペルーにまたがる部分にあり、傾斜の緩やかな階段状地形をなしている。

植生はおもに以下の3つに分けられる。起伏に富んだこの地域の頂点をなし、洪水によって浸水されることのない高台(テラ・フィルメ)、森林地帯でしばしば洪水に見舞われる氾濫原(バルゼア)、そしてほぼ常に水に浸っているイラポー林である。

コノナコには古くからワオラニやアウカ 、キチュアといった先住民の共同体が移住してきた。9,800人以上の人々がコーヒーバナナユカポーポー柑橘類トウモロコシアチョーテなどの栽培漁撈を営んだり、森林のなかで狩猟や採集をして暮らしている。

この保護区には毎年およそ150人の人々が訪れている。エクアドル石油公社による油田開発は、現地の人々の暮らしや自然生態系など、コミュニティのありかたに影響を及ぼしている。生物圏保護区は自然生態系を保護し法的正当性を与え、またありのままの状態をとどめさせること、地域計画や農村開発の振興、土地利用や環境教育における地域の参加を奨励することを目的としている。

主要植物相[編集]

主にマクロロビウム属アカシフォリウム、コウサポア属トリネルビア、リカニア属、エウゲニア属などの熱帯林が自生する。高台のテラ・フィルメ、季節によって浸水するバルゼア林、永久的湖もしくは半永久的湖内のイラポー林からなる。農業生態系はコーヒー(アラビカ種)、ユカ(マニホット属エスクエンサ)、米(オリザ・サティバ)、サトウキビ(サトウキビ属)などである。

外部リンク[編集]