アメリカバク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカバク
アメリカバク
アメリカバク Tapirus terrestris
保全状況評価
VULNERABLE
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 VU.svgワシントン条約附属書II
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウマ目 Perissodactyla
: バク科 Tapiridae
: バク属 Tapirus
: アメリカバク T. terrestris
学名
Tapirus terrestris
(Linnaeus, 1758)
和名
アメリカバク
英名
Brazilian tapir
Lowland tapir
South American tapir

アメリカバク(亜米利加獏、Tapirus terrestris)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウマ目(奇蹄目)バク科バク属に分類されるバク。別名ブラジルバク

分布[編集]

アルゼンチン北部、ガイアナコロンビア西部、スリナムパラグアイブラジルフランス仏領ギアナ)、ベネズエラペルー

形態[編集]

体長200cm。肩高100cm。体重150-200kg。全身は褐色の体毛で覆われる。咽の体毛は淡褐色。頚部の毛はやや鬣状に伸長する。

幼獣は全身濃褐色の体毛に白い縦縞が入る。

生態[編集]

水辺の森林湿地に生息する。種小名terrestrisは「大地の」の意。群れは形成せず、単独もしくはペアで生活する。木などに尿を噴きつけ縄張りを主張する。夜行性で、昼間は茂みの中などで休む。水浴びを好み泳ぎは上手く、外敵に襲われると水の中へ逃げ込む。潜水も上手く、5分以上水中に潜ることができる。天敵にはジャガーなどが挙げられる。

食性は植物食で、、木の果実水草などを食べる。

繁殖形態は胎生。1回に1頭の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

生息地では食用にされることもある。

開発による生息地の破壊や、食用の狩猟などにより生息数は減少している。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]