イラクサ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イラクサ科
Boehmeria nivea 1.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: バラ目 Rosales
: イラクサ科 Urticaceae
学名
Urticaceae
Juss. (1789)
花式図

イラクサ科 (Urticaceae) は、多くは草本で、一部に木本になるものを含む、被子植物の一群である。花が地味なのが特徴で、多くは単性、すなわち雄蘂雌蘂のみを含む(花式図参照)。多くは風媒花で、地味な花を穂状につける。

世界中におよそ542600があり[1]、日本には12属約40種が産する。イラクサ属イラノキ属などは葉や茎に毒を含んだ刺毛を有し、人や動物が触れると刺さって痛みや蕁麻疹を起こさせることで知られる。

分類[編集]

大きく4つのクレードに分けられる[2]

クロンキスト体系新エングラー体系では、本科はイラクサ目に属していた。

脚注[編集]

  1. ^ Urticaceae in Stevens, P. F. (2001 onwards).
  2. ^ Wu, Zeng-Yuan and Monro, Alex K and Milne, Richard I and Wang, Hong and Yi, Ting-Shuang and Liu, Jie and Li, De-Zhu (2013). “Molecular phylogeny of the nettle family (Urticaceae) inferred from multiple loci of three genomes and extensive generic sampling,”. Molecular phylogenetics and evolution 69 (3): 814-827. doi:10.1016/j.ympev.2013.06.022. 

外部リンク[編集]