カラムシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラムシ
Boehmeria nivea 1.jpg
カラムシ(東京都町田市・2005年9月)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: イラクサ科 Urticaceae
: カラムシ属 Boehmeria
: ナンバンカラムシ B. nivea
変種 : カラムシ var. nipononivea
学名
Boehmeria nivea var. nipononivea
和名
カラムシ
英名
Ramie

カラムシ、枲、学名:Boehmeria nivea var. nipononivea)は、イラクサ目イラクサ科多年生植物南アジアから日本を含む東アジア地域まで広く分布し、古来から植物繊維をとるために栽培されてきた。同様に繊維をとるために栽培されるラミーRamie、学名:B. nivea var. candicans)もこの種に含まれる。

特徴[編集]

茎はまっすぐに立つか、やや斜めに伸びて高さ1-1.5mに達する。の大きさは最大15cmほどで、縁に細かい鋸歯(ギザギザ)があり、つやがない。若葉は細かいしわがあり縮んだ状態である。葉の裏側は細かい綿毛が密生していて白く、ふとしたことで葉が裏返ると白く目立つ。葉は茎に互生し、根元に近い葉ほど大きく、葉柄も長くなる。

は8月-10月にかけて咲き、葉柄の根もとに小さな花が房状につく。雄花と雌花があるが雌雄同株で、雌花が株の上のほうにつく。風によって花粉を運ぶ風媒花で、鮮やかな花びらもなくあまり目立たないが、カラムシが多い地域では花粉症の原因ともなる。

林の周辺や道端、石垣などのやや湿った地面を好む。地下茎を伸ばしながら繁茂するので群落を作ることが多い。刈り取りにも強く、地下茎を取り除かなければすぐに生えてくる。地上部の高さは1mほどだが、半日陰で刈り取りがない環境ではまでに高さ2mに達し、株の根元付近が木化する。地上部は寒さに弱く、が降りると葉を黒褐色にしおれさせ枯れてしまうが、地下茎は生き残って翌春には再び群落を形成する。細い茎は葉と共に枯れてしまうが、太い茎は冬を乗り越え、春に新芽を吹く。

変異[編集]

日本本土ではカラムシが普通だが、変異が多い。和名をカラムシとするものを独立種とする扱いもあり[1]、その場合の学名は B. nipononivea Koidz. である。しかし、日本本土産のものは真の自生ではなく、栽培逸出の可能性も示唆されており、現在ではナンバンカラムシの変種とする扱いが普通である。葉の裏面が緑色のものがあり、これをアオカラムシ Forma concolor (Makino) Kitam. という。沖縄では葉の裏面が白いが棉毛がないものが多く、これにノカラムシ B. nivea var. viridula (Yamamoto) Hatsusima の名が与えられている[2]が、現在はこれを認めているところを見ない。

原名亜種のナンバンカラムシ B. nivea var. nivea は葉や葉柄に粗い毛があり、また茎はより木質化して高く伸びる。熱帯アジア原産で沖縄には普通に見られるが、これも持ち込まれた可能性が示唆される。ラミーはさらに大きい。

なお、北村・村田(1961)はカラムシをマオとともにナンバンカラムシの別名としており、カラムシの和名にはクサマオを当てている。

利用[編集]

カラムシ畑 福島県昭和村

今でこそしつこい雑草として嫌われる場合もあるが、茎の皮からは衣類、さらには漁網にまで利用できる丈夫な靭皮繊維が取れるため、分布域では6000年前から栽培されてきた。このため日本に自生するカラムシは、繊維用に有史以前から栽培されてきたものが野生化した、史前帰化植物であった可能性が指摘されている。『日本書紀持統天皇7年(693年)条によれば、天皇がを発して役人がに栽培を奨励すべき草木の一つとして「紵(カラムシ)」が挙げられている。

中世の越後国は日本一のカラムシの産地だったため、戦国大名として有名な上杉謙信は衣類の原料として青苧座を通じて京都などに積極的に売り出し、莫大な利益を上げた。新潟県魚沼地方江戸時代から織られていた伝統的な織物越後縮はこれで織られていた。また上杉氏転封先であった出羽国米沢藩では収入源のひとつであった。このため、カラムシの専売化をめぐり、宝暦10年(1760年)の『青苧騒動』や文化4年(1807年)の『青苧一件』が起こる。なお、置賜地方産のカラムシを「米沢苧」という。

この他、江戸時代の有名な産地に陸奥国会津や出羽国最上地方があった。

国の重要無形文化財に指定されている「小千谷縮・越後上布」の原料であり、福島県会津地方の昭和村で栽培され、本州唯一の産地となっている。

現在ではブラジルなどでもカラムシ、または栽培種のラミーを栽培している。刈り取りに強いことから、条件が合えば年に6回収穫できる。

また、こどもの文化として、葉をにくっつける遊びや、片手に葉を乗せて強く叩き、破裂音とともに葉を破く遊びがある。

別名[編集]

別名は苧麻(ちょま)、青苧(あおそ)、(お)、山紵(やまお)、真麻(まお)、苧麻(まお)。また、カツホウ、シラノ、シロソ、ソロハ、シロホ、ヒウジ、コロモグサ、カラソともいう[3]古代日本においては「ヲ」という表記もある。

集まる昆虫[編集]

アカタテハの幼虫の巣(画像中央)。カラムシ群落の中で綴じられた葉が白く目立つ

カラムシを食草とし、集まる昆虫類には以下のようなものがいる。これらはカラムシが繁茂する夏から秋にかけてよく見られる。

アカタテハ Vanessa indica
タテハチョウ科のチョウの一種。幼虫は全身が黒く、とげがあるケムシである。幼虫はカラムシの葉の付け根をかじり、葉の左右を糸で綴じて二つ折りにしたを作り、その中にひそむ。
フクラスズメ Arcte coerulea
ヤガ科のの一種。幼虫は細長いケムシで、7cmほどにもなる。頭が橙色か黒色、体側に黒い線、背中に白黒の横しま模様がある。幼虫は危険を感じると頭部を反らせ、緑の液体を吐き出しながら頭部を激しく横に振る。たまに大発生し、カラムシ群落の葉を食い尽くした上で地上を徘徊することがあり、嫌われる。
ラミーカミキリ Paraglenea fortunei
カミキリムシの一種。幼虫は茎の中で成長し、大きくなると地下茎にまで食い込む。成虫は5月-8月に発生し、カラムシ群落の周囲で活動し、葉脈を葉の裏から齧って食べる。8mm-17mmほどの小型のカミキリムシだが、青白色と黒に色分けされた鮮やかな体色でよく目立つ。日本には明治以降に栽培種のラミーとともに入ってきた外来種と考えられており、日本での分布は西日本に限られる。

脚注[編集]

  1. ^ 佐竹・大井(1982)など
  2. ^ 初島(1975)
  3. ^ マオからカラソまでは後藤捷一「庶民の染織」101頁による。日本常民文化研究所・編『日本の民具』角川書店、1958年所収。

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他『日本の野生植物 草本II 離弁花類』,(1982),平凡社
  • 北村四郎・村田源、『原色日本植物図鑑・草本編II』、(1961)、保育社
  • 初島住彦『琉球植物誌(追加・訂正版)』,(1975),沖縄生物教育研究会