ムカゴイラクサ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムカゴイラクサ属
Laportea cuspidata 1.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: イラクサ目 Urticales
: イラクサ科 Urticaceae
: ムカゴイラクサ属 Laportea
学名
Laportea Gaudich.
  • 本文参照

ムカゴイラクサ属(ムカゴイラクサぞく、学名:Laportea 、漢字表記:球芽刺草[1]属)はイラクサ科の1つ。

新しいAPG植物分類体系では、イラクサ科はバラ目に分類される[2]

特徴[編集]

草本だけでなく、低木および高木になるものもあり、刺毛がある。は互生し、縁は鋸歯があるか全縁になる。托葉があり、離生するか合着し、早く落ちる。雌雄異株または雌雄同株で、ふつう雌雄の花序は別々に生えるが、まれに同一花序に混在することがある。雄花の花被片は4-5個あり、雄蕊も同数ある。雌花の花被片は4個あり、柱頭は長い線形になる[3]

熱帯から亜熱帯に多く分布し、約45種知られ、うち日本には草本2種が分布する[3]

日本に分布する種[編集]

  • ムカゴイラクサ Laportea bulbifera (Siebold et Zucc.) Wedd. - 日本の北海道・本州・四国・九州の他、朝鮮半島、中国大陸に分布する[3][4]
  • ミヤマイラクサ Laportea cuspidata (Wedd.) Friis - 日本の北海道・本州・九州(福岡県)の他、朝鮮半島、中国大陸に分布する[3][4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.346
  2. ^ 大場『植物分類表』p.140-149
  3. ^ a b c d 『日本の野生植物 草本II離弁花類』p.4
  4. ^ a b 『新牧野日本植物圖鑑』p.50

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔・大井次三郎・北村四郎他編『日本の野生植物 草本II離弁花類』、1982年、平凡社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好・邑田仁・岩槻邦男編『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 大場秀章編著『植物分類表(初版第3刷訂正入)』、2011年、アポック社
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年、山と溪谷社
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  • Laportea The Plant List