ツバメトビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ツバメトビ
Swallowtailedkite.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg ワシントン条約附属書II類
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Accipitriformes
: タカ科 Accipitridae
: Elanoides
: ツバメトビ E. forficatus
学名
Elanoides forficatus
(Linnaeus, 1758)
和名
ツバメトビ
英名
Swallow-tailed Kite

ツバメトビ(燕鳶、学名:Elanoides forficatus)は、タカ目タカ科に属する鳥類の一種。

形態[編集]

体長約58cm、翼を広げると120cmほどになる。尾羽が中央が深く切れ込んだ燕尾であり、名の由来となっている。

分布[編集]

北米から南米にかけて分布するが、北米ではフロリダ州からテキサス州東部にかけての限られた範囲に限られる。

生態[編集]

主に湿地帯、開けた森林地帯や川沿いの低地に生息する。昆虫トカゲヘビなどの小さな動物を捕食するほか、果実も食べる。

その優雅な姿から、北米の猛禽類の中では最も美しいとされることもあるが、生息地の破壊が原因で北米亜種の個体数は減少し、1200羽ほどとされる。南米亜種の個体数は安定している。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
タカ小目 Accipitrida
タカ亜科 Accipitrinae

保全状態評価[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ツバメトビ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類