メロエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯16度56分 東経33度45分 / 北緯16.94度 東経33.75度 / 16.94; 33.75

世界遺産 メロエ島の考古遺跡群
スーダン
上空から見るメロエのピラミッド
上空から見るメロエのピラミッド
英名 Archaeological Sites of the Island of Meroe
仏名 Sites archéologiques de l’île de Méroé
面積 2,357 ha
(緩衝地域 13,882 ha)
登録区分 文化遺産
登録基準 (2), (3), (4), (5)
登録年 2011年
公式サイト ユネスコ本部(英語)
使用方法表示

メロエメロエ語:MedewiまたはBedewi、:Meroë)は、紀元前6世紀から紀元後4世紀にかけてナイル川中流域、現在のスーダン首都ハルツームの北東に繁栄した黒人による文明、またはその中心となった都市

歴史[編集]

紀元前4世紀後半のメロエ王国の女王

クシュ王国[編集]

紀元前10世紀ごろから、現在のスーダンのナパタ英語版ゲベル・バルカル)周辺でエジプトの影響を受けたクシュ王国が繁栄していた。

メロエ王国[編集]

紀元前7世紀に鉄器で武装したアッシリアエサルハドンアッシュールバニパルの侵攻をエジプト第25王朝タハルカ英語版が受けて、クシュ王国まで落ち延びた。紀元前591年ごろ[1]en:Aspelta王は、メロエに遷都した。クシュ王国がメロエに遷都して以降を「メロエ王国」と呼ぶ。鉱物資源農産物に恵まれ、アビシニア(エチオピア)からインド洋へ通じる交易路の結節点として栄えた。アッシリアから導入した製鉄技術が高度に発達し、アフリカ大陸全土に広まった。ナイル川とアトバラ川の合流点に近いメロエは鉄鉱石や樹木が豊富で、クシュ人自らも製鉄を行いアフリカ黒人の歴史上最初の鉄器製造の中心地となった。

メロエには小型のピラミッドが数多く建造され、ヒエログリフをもとにしたとみられるメロエ文字が発明されるなど、クシュ王国同様エジプトの影響を色濃く受けていた。 エルガメネスドイツ語版(在前248~220)王の頃から最盛期を迎えた。

滅亡[編集]

350年ごろ、アビシニア高原(エチオピア高原)に興ったアクスム王国の侵攻を受けて滅亡した。旧首都ナパタが滅ぼされた後王の唯一の居住地となった。都市の様子は今もメロエ遺跡として残存しており、堤防宮殿アメン神殿跡などが見られる。

世界遺産[編集]

メロエ島の考古遺跡群は、2011年世界遺産文化遺産)に登録された。

登録基準[編集]

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。
  • (5) ある文化(または複数の文化)を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例。もしくは特に不可逆的な変化の中で存続が危ぶまれている人と環境の関わりあいの際立った例。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 遷都した時期については、紀元前670年ごろとする説もある。