アトバラ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アトバラ川(Atbara)は、エチオピア北西部からスーダンの東にかけて流れるナイル川支流の河川である。スーダン・アトバラでナイル川に合流する。全長約805km。

6月から10月までの雨季以外はほとんど水は流れていない。エチオピアでは水源の近くではタカッゼ(Takazze)、エチオピア西部やスーダン東部ではセティット(Setit)と呼ばれている。ナイル川が地中海に流れ込む前に合流する最後の支流である。

1964年灌漑のため、カシム=エル=ギルバ(Kashm-el-Girba)にダムが作られた。