ゴンダール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴンダール

ゴンダールアムハラ語:ጎንደር、英語:Gondar)は、エチオピアアムハラ州にある都市。1632年1769年にかけて、エチオピア帝国首都だった。タナ湖の東に位置し、標高2000-2200メートル、人口約20万人の古都で、市内にはソロモン朝ゴンダール期に建設された3つの王宮群(コンパウンド)が現存する。その中でも最大級の王宮群であるファジル・ゲビには歴代の皇帝が建設した6つの宮殿や12ヵ所の城門が残されている。それらは、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。

1632年にソロモン朝ファシラダス帝は、それまでの皇帝が滞在したゴルゴラにマラリアが蔓延したことやカトリック教会の侵入により多くの争いがおきて統治が難しくなったことで、エチオピア正教だけの新しい都市の再建を試みる必要があったため、ゴンダールの地に遷都したという説が有力である。こうして築城されたゴンダールは農業と商業を中心に栄え、人口は18世紀には6万人を超え、アフリカではエジプトのカイロに次ぎ人口の多かったとされる。18世紀中期には紛争が続いたことで衰退しだしたが、1936年~1941年のイタリアによる占領期には、近代的な都市計画によって拡大した。その後も発展したが1974年に発生したエチオピア革命により停滞。現在はエチオピアを代表する観光地として知られている。

関連作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]