マーガレット (スノードン伯爵夫人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーガレット王女
マーガレット王女と祖母メアリー王太后と姉

マーガレット・ローズ(Margaret Rose Armstrong-Jones, 1930年8月21日 - 2002年2月9日)は、イギリスの王族で、イギリス国王ジョージ6世(出生時にはヨーク公)の次女。母は王妃エリザベス。姉は女王エリザベス2世

生涯[編集]

1930年、ヨーク公爵アルバート(後のジョージ6世)と妃エリザベスの次女として誕生した。1936年、伯父エドワード8世の退位にともなって父アルバートがジョージ6世として即位、家族とともにバッキンガム宮殿に移住する。第二次大戦中は、両親と離れ、姉とともに田舎に疎開していた(姉エリザベスは一時期、陸軍少尉として従軍)。

1944年、ジョージ6世が「空の英雄」ピーター・タウンゼント大佐(en)を侍従武官に任命。王女は一目で恋に落ちる。2人の関係は長く秘されたが、1953年の姉エリザベス女王の戴冠式で王女と大佐の仲むつまじい姿がメディアに暴露される。

政府首脳と王族たちは、記憶も新しいエドワード8世の退位の二の舞を演じさせまいと、厳しい姿勢をとった。離婚歴があり、16歳も年上の大佐と結婚するならば、継承権はおろか、王族としての年金も剥奪する、英国国教会も結婚を認めない、とした。世の中全てが2人の敵になるような渦中の中、彼女を案じたのは、その恋の始まりから知っていた姉エリザベスだけで、母エリザベス王太后ですら冷淡であった。しかし女王は、彼女の結婚を認めさせたかったのではなく、穏便に2人が納得して別れることを望んでいた。

1955年10月31日、クラレンス・ハウス宮殿で王女は大佐と会うことを許され、それが最後の別れとなった。大佐はイギリスにいられなくなり、ベルギーへ亡命した。BBCは、「私はピーター・タウンゼント大佐と結婚しないと決意したことを、ここにご報告します」との王女の声明文を放送した。

何人かの上流階級男性と浮名を流した後、1960年、写真家のアンソニー・アームストロング=ジョーンズと結婚した。彼は王女が浮名を流した相手の1人である既婚の男爵コリン・テナント(en)の友人だった。結婚にあたり、アンソニーにはスノードン伯爵が叙爵された。

ファッション写真や王室写真家として活躍するアンソニーと結婚し、長男リンリー子爵デイヴィッドと長女セーラの2子を得て、ようやく幸せになったと周囲は思ったが、実際は自身の婚約直前にタウンゼント大佐が王女似のベルギー人女性と結婚したことにショックを受け、衝動的に婚約したという憶測があった。そしてファッション界で生きる夫の乱れた生活 ― 薬物乱用や派手な女性関係、同性愛関係などに始終悩まされ、結婚生活は早いうちに崩壊したという。1960年代後半から1970年代前半にかけては自身もマスティク島でパーティー三昧の生活を送り、大衆紙記事の常連となった。

1970年代初め、コリン・テナントに紹介され、自宅で雇った庭師である17歳年下の準男爵のロディ・ルウェリン(en)と2人きりで旅行に出かけたところを、飛行機内で写真に撮られ、王女の浮気が明るみに出る。その後、スノードン伯爵とは離婚した。離婚後は、ミック・ジャガーピーター・セラーズなどの有名人との浮き名を流した。次第に落ち着きを取り戻し、ロイヤル・バレエ団の後援など芸術文化活動の中心人物になる。王室内で孤立しがちだったダイアナ皇太子妃が頼ったのは、慣例にとらわれない人柄であったマーガレット王女であったという。

1995年、ベルギーでタウンゼント大佐が死去したが、同じ頃に王女も脳卒中で倒れ、車椅子の生活になった。

2002年2月、死去。100歳を越えた長寿の母、エリザベス王太后は娘の死にショックを受け、3月30日に後を追うように死去した。

家族[編集]

関連項目[編集]

  • マスティク島…結婚祝いとして一区画を島の所有者であるコリン・テナントより贈与された。
  • バンク・ジョブ…実際に起こった強盗事件(en)を描いた映画。強盗団が金庫から盗んだ物の中に王女の痴態の写真があったというスキャンダルとそれを強請に利用する極左活動家が登場する。
  • 空飛ぶモンティ・パイソン…王女に関するスケッチが多数ある。