ペットロス症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ペットロス症候群(ペットロスしょうこうぐん)とは、ペットと死別したり、ペットが行方不明になったり、盗難に遭ったりしたこと[1]などを契機に発生する疾患ないし心身の症状のこと。

概要[編集]

ペットロスは文字通り「ペットを失う事」である。ペットを失うと、様々な心身(精神的・身体的)の症状が起こる。これは、ペットと共に過ごす事によって培われた深い愛着・愛情が、突然に訪れるペットの「」や行方不明などによって行き場をなくしてしまうことによって、引き起こされる症状だと解されている。引き起こされる症状の程度については個人差が大きい。たとえば、子育てを終えた熟年夫婦にとってはペットが我が子同然の存在になっていることもあり、ペットを失ったショックもまた大きい。

ペットロス症候群とは、ペットとの別れなどというストレスが契機となって発症した精神疾患症候群≒病気≒疾患)をいい、精神症状に付随して身体症状を伴う場合も少なくない。 。

最近、このような精神的・身体的障害が起こる原因として、飼い主のペットを伴侶動物(コンパニオンアニマル)としての位置づけが挙げられている。


日本では2000年代頃から注目を集めるようになったが、ペット産業の盛んな米国では1990年代頃より精神疾患の契機として重要視されるようになった。

日本では、内田百の『ノラや』(1957年)が、ペットロス症候群という言葉さえなかったころの、同症候群に関する記述として注目される。

代表的な精神疾患・症状[編集]

以下に、代表的な精神疾患、精神症状・身体症状の例を示す。

このような、精神疾患や症状を精神分析的に説明すると、ペットとの別れという現象を受け入れられない場合の防衛機制の一種である逃避であるとも解釈されよう。他方、行動療法(行動医学)の基礎理論である刺激反応モデルによって説明すると、ペットの別れという「刺激」に対する生体の「反応」ということになろう。

なお、ペットとの死別に関しては、社会学的には次のように説明される。近時の少子高齢化を背景に、ペットを生活上の伴侶として扱う(コンパニオンアニマル)人が増加している。ところが、ペットの寿命は10年程度であり、どうしてもヒトより短命である。このような人とのより深いかかわりを持つ動物の増加で、ペットとの死別という避けがたい出来事が、飼い主に深刻な影響を与えるケースが増加してきた。

軽度ないし遷延しない症状については、健全な精神性の発露とみなすことが可能ではあるが、健康を害するほどに悲嘆に暮れる状態は健全とは言えず、投薬を中心にして、必要に応じてカウンセリング等を併用する治療を必要とする場合もある。日本医師会では1ヶ月以上、悲しみが癒えずに不調が続いている場合に、受診を勧めている(外部リンク参照)。心療内科精神科など専門医の受診も勧められる。

臨床心理士などによる心理療法の分野では、喪失体験からの回復過程を援助するためのプログラム(グリーフセラピー)を行う心理療法家が存在する。

関連事象[編集]

この問題では、飼い主がもともと有していた依存的な性格傾向等を背景として、ストレスからの逃避として、アルコール依存症などの問題を引き起こすケースも見られ、米国では加えて薬物依存症に発展する問題も指摘されている。

これらはペットの死に対して、事故死による「あの時、外に出るのを防いでいれば」や、病死における「獣医に見せていれば」というケースにて、自分に責任があると感じて、後悔や自責の念から精神的に参ってしまう場合や、あるいは治療を担当した獣医師の診療ミスを疑って、他を攻撃する事で心痛を紛らわしたりというケースも見られ、特に民事訴訟が盛んな米国では、このような「医療ミス」として訴訟に至る事例も少なく無い。また、安楽死させたことについて自分の決断を長く悔やむ人もいる。 ペットの死で悩んでいることが周囲の人に理解されないという問題もある。

その一方で「死」という現象を受け入れるための儀式として葬儀があるが、日本でも次第にペット供養などのサービスも増加しており、これらの需要が少なくないことがうかがわれる。ペットロス症候群では、死別を不可避と考え、自分の中の気持ちを切り替えていくことも治療の一環と考えられるため、何らかの形で失ったペットとの絆に一つの区切りを設けるのも必要なのだろう。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [ペットロス]仲間と悲しみ共有 読売新聞 (2011-8-18)
  2. ^ 「こころの風邪」ともいわれるうつ病は、重要な関係を持つ人(例えば配偶者など)との別れといった「喪失体験」が契機となって発症する場合が目立つことが、従来から指摘されてきた。ペットを生活上の伴侶(コンパニオンアニマル)として扱う人の増加によって、ペットの死がうつ病発症の契機となる「喪失体験」になる場合があることを、ペットロス症候群は示している。
  3. ^ 精神病様症状とは、精神病に似た症状をいう。軽度の場合、ペットの声が一瞬、空耳で聞こえたり、ペットの姿が一瞬見えたりする(錯覚)ことがある。これは、特にペットが死亡して間がないうちには、健常な反応としてもみられることがある。しかし、健常な反応の場合は、一般には短期間で終息する。また、そのような声や姿が現れることが、実際にはありえないことを自覚できている。他方、長期間遷延したり、実際にはあり得ないという自覚を欠く幻覚・妄想に至ってきた場合には、一般には重症化の徴候である。

関連項目[編集]

  • ネコの毛並み - 「亡くなった飼いネコのクローンを作ります」とした米ベンチャー企業があったが、生まれたネコが毛並みが違ったため客からのクレームも付いて商業的に失敗、2006年に同事業から撤退した。なおクローンには記憶は継承されないため、遺伝的や外見的に同じだったとしても、別の個体(→WIRED.jp「クローン猫は外見も性格も別の猫」)である。
  • 孤独
  • 虹の橋 (詩) - ペットを亡くした人たちの間で伝わる作者不明の詩。亡くなったペットは天国の手前の「虹の橋」で仲間達と遊んでいるが、死んだ飼い主と再会すると一緒に虹の橋を渡って天国へ入るという内容である。
  • 殺処分
  • Kagrra, 2006年に発表したシングル「うたかた」の歌詞は、ヴォーカルの一志が愛犬を亡くし、周囲の励ましでペットロスを乗り越え書かれたもの[1]
  • 穴澤賢 著書「またね、富士丸。」(世界文化社刊)にて、飼い犬を突然亡くした直後ペットロスに陥った経験を綴っている。
  • 連続テレビ小説あまちゃん - 放送終了に関連し視聴者が寂しくなっている状況をペットロス症候群に因んで「あまロス」とマスコミが名づけている。
  • 森田一義アワー 笑っていいとも! - 2014年3月で31年半に渡る放送が終了し、この番組に慣れていた視聴者が寂しくなっている状況をペットロス症候群と司会のタモリに因んで「タモロス症候群」とマスコミが名づけている。

脚注[編集]

  1. ^ 一年、、、。|【PSC】Kagrra, 一志の独言(2007.06.16)

外部リンク[編集]