ブラジルから来た少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブラジルから来た少年』(ブラジルからきたしょうねん、The Boys from Brazil)は、アメリカの作家アイラ・レヴィン1976年に発表した小説。映画化、ラジオドラマ化されている(下参照)。

小説は日本語版が早川書房ハヤカワ文庫から出版されている。

ブラジルヒトラークローンを再生させようとする科学者ヨーゼフ・メンゲレと、それを阻止しようとするナチ・ハンターのユダヤ人・リーベルマンとの葛藤を描く。

同じくメンゲレについて取り上げたスレイヤーの「エンジェル・オブ・デス」にフレーズが引用された。

あらすじ[編集]

映画[編集]

ブラジルから来た少年
The Boys from Brazil
監督 フランクリン・J・シャフナー
脚本 ヘイウッド・グールド
原作 アイラ・レヴィン
製作 マーティン・リチャーズ
スタンリー・オトゥール
製作総指揮 ロバート・フライアー
出演者 グレゴリー・ペック
ローレンス・オリヴィエ
ジェームズ・メイソン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 アンリ・ドカエ
編集 ロバート・スウィンク
製作会社 ルー・グレード
プロデューサー・サークル
ITC Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年10月5日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 $12,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $19,000,000[1]
テンプレートを表示

映画化は、英国貴族で映画製作者のルー・グレード卿により製作された。監督はフランクリン・J・シャフナーである。1978年10月5日に公開された。日本では劇場未公開となり、翌1979年にテレビ放映された。本作品に対しては公開後、有識者より過度の遺伝子決定論的内容に対し批判が向けられた。そのためか、劇場公開時およびテレビ放送時は存在したラストシーンが、後に発売されたビデオソフトでは削除されている。 ビデオソフトでは、ヒトラーの遺伝子をもつ子供たちを抹殺すべきと主張するユダヤ人青年に対し、主人公リーベルマンは、子供に罪は無いと言って子供のリストを焼却してしまうところで終わるが、オリジナル版では、そのあと子供の一人が、自ら撮影したメンゲレの死体の写真を現像し、見て悦んでいる場面が存在する。この場面について、遺伝子によって性格が残酷になると解釈できることが批判されたが、そうではなく、人間は本来残酷なものであるとの解釈も可能である。[独自研究?]

スタッフ[編集]

第51回アカデミー賞作曲賞の候補となっている。テーマ曲はウィンナワルツ風であり、これは主人公がウイーンに在住している場面から始まるためである。この注文を監督から受けた作曲家は、あまり賛成ではなかったが、注文どおりに作曲した。また、メンゲレらナチの残党が潜む南米の場面ではギターを使用してラテン情緒を醸し出し、ナチ残党の陰謀を表現する際はオーケストラがワーグナー風の和音を響かせる。

キャスト[編集]

ほか

本作より前にオリヴィエは、『マラソンマン』において逆に元ナチ隊員を演じている。

日本語吹き替え[編集]

1984年3月3日『ゴールデン洋画劇場』版

外部リンク[編集]

ラジオドラマ[編集]

この作品はNHK-FM青春アドベンチャー』でラジオドラマ化され、1996年5月20日から5月31日にかけて全10回放送された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

ほか

参考文献[編集]