サイモン・ヴィーゼンタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイモン・ヴィーゼンタール
Simon Wiesenthal
生誕 1908年12月31日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ガリツィア
死没 2005年9月20日(満96歳没)
オーストリアの旗 オーストリアウィーン
職業 サイモン・ウィーゼンタール・センター代表

サー・サイモン・ヴィーゼンタールSir Simon Wiesenthal1908年12月31日 - 2005年9月20日)は、ドイツナチス政権下時代の戦犯追及で知られるオーストリアユダヤ教徒である。名はドイツ語風に「ジーモン」とも表記される。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

ヴィーゼンタールは、現在ウクライナの一部となった元オーストリア・ハンガリー帝国領のガリツィア地方のブチャチに生まれた。当時、彼の名前は Szymon Wiesenthal(シモン・ヴィーゼンタール)と綴られている。地元のリヴィウ工科大学に進学を希望したが、ユダヤ人入学枠の制限から入学できず、プラハ工科大学に進んだ。

ホロコースト[編集]

第二次世界大戦前は建築家を志していたが、1939年9月に第二次世界大戦が始まると、間もなくナチス党率いるドイツ政府のユダヤ人迫害政策によって強制収容所に収容された。

その後、ヴィーゼンタールは夫人を始めとする家族を失った他、親族のうち計89人がホロコーストの犠牲となった。しかし自身は1945年5月のアメリカ軍によるマウトハウゼン強制収容所解放まで生き残ることができた。

戦犯の追及[編集]

裁判時のアイヒマン

第二次世界大戦後、ヴィーゼンタールとウィーンに本拠を置くユダヤ人迫害記録センタードイツ語版英語版は、アルゼンチンブラジルチリなどの南アメリカ諸国や、エジプトシリアなどの中東諸国を中心に、世界中に逃亡したナチス政権下のドイツ人犯罪者の捜索に動き出した。彼または彼女らは戦時中ドイツに協力的で、そしてその後も反共産主義という共通点のあったバチカンフランシスコ会などの協力の下に逃亡していた。

ヴィーゼンタールはその行動力と情報網を駆使し、多くのナチス政権下のドイツ人犯罪者の逮捕に関与した。その中にはアンネ・フランクを強制収容所に送り込んだゲシュタポカール・ヨーゼフ・ジルバーバウアーソビボル強制収容所の看守グスタフ・ワーグナーなどが含まれる。多くの妨害を受けながらも、マルティン・ボルマンヨーゼフ・メンゲレなどの戦犯を追い続けた。1962年にはイスラエル諜報特務庁に情報提供して、アルゼンチンに潜伏中のアドルフ・アイヒマン逮捕に関与した。

また、ヴィーゼンタールは1970年代オーストリアブルーノ・クライスキーが内閣を組閣する際、数人の大臣が過去にナチス党員だったことを指摘した。これに対してクライスキーは、自身がユダヤ人だったため、ヴィーゼンタールを「身内の悪口を言う人」として非難した。

1977年にはアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス寛容博物館英語版が設立された。これは「ホロコーストの記憶を風化させないための施設」とされている。この博物館の運営団体としてマーヴィン・ハイヤー英語版によって設立された組織は、世界のユダヤ人の人権を守る運動を行う組織としても活動している。この組織はウィーゼンタールを顕彰して、「サイモン・ウィーゼンタール・センター」と名付けられた。ヴィーゼンタールは命名料などの支払を受けたが、組織の運営などにはほとんど関与できなかった。

引退[編集]

2003年4月にヴィーゼンタールは引退を発表した。『私は生き残った全ての犯罪者を見つけだした。もし生き残っている者がいれば、彼らは年を取りすぎて今裁判を受けることは出来ないだろう。私の仕事は終わった』と語った。ヴィーゼンタールによれば、まだ生きているただ1人のオーストリア人戦犯はアイヒマンの片腕だったアロイス・ブルンナー1912年生まれ)で、シリアに隠れていると言われている。

ヴィーゼンタールの引退後の2004年2月に、イギリス政府は「人間性のための一生の奉仕」に対してという名目で、ヴィーゼンタールのこれまでの活動を称えてナイトの称号を与えることを決定した。また、フランス政府からはレジオンドヌール勲章を贈られている。

死去[編集]

2005年にヴィーゼンタールはウィーンの自宅で老衰で死去した。96歳であった。生涯で約1100人のドイツを中心としたナチス党員の犯罪者やドイツ軍の戦犯の逮捕に貢献したといわれている。ヴィーゼンタールの訃報を聞いたイスラエルモシェ・カツァブ大統領は、ヴィーゼンタールを「この世代の最も偉大な闘士」と呼んで称えた。

小説[編集]

アイラ・レヴィンの小説『ブラジルから来た少年』の登場人物の『ヤコフ・リーベルマン』は、ヴィーゼンタールがモデルとなっている。また、フレデリック・フォーサイスの小説『オデッサ・ファイル』でもドイツ人ジャーナリストに情報を与える役で登場している。

著作[編集]

  • 『殺人者はそこにいる』中島博訳、朝日新聞社、1968年
  • 『希望の帆 コロンブスの夢、ユダヤ人の夢』徳永恂宮田敦子訳、新曜社、1992年
  • 『ナチ犯罪人を追う S・ヴィーゼンタール回顧録』下村由一山本達夫訳、時事通信社、1998年
  • 『ひまわり ユダヤ人にホロコーストが赦せるか』松宮克昌訳、原書房、2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]