ブヤノヴァツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブヤノヴァツ
Бујановац
Bujanovac

Bujanoci
ブヤノヴァツのバスターミナル
ブヤノヴァツのバスターミナル
位置
セルビアにおけるブヤノヴァツの位置の位置図
セルビアにおけるブヤノヴァツの位置
座標 : 北緯42度28分 東経21度46分 / 北緯42.467度 東経21.767度 / 42.467; 21.767
行政
セルビアの旗 セルビア
  プチニャ郡
  ブヤノヴァツ
市長 ナギプ・アリフィ(Nagip Arifi)
PVD
地理
面積  
   461 km2 (178 mi2)
人口
人口 (2002年現在)
   43,302人
  市街地 12,011人
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 17520
市外局番 +381 17
ナンバープレート VR

ブヤノヴァツセルビア語:Бујановац / Bujanovac)、あるいはブヤノツィアルバニア語:Bujanoci)は、セルビアプチニャ郡の町、およびそれを中心とした基礎自治体であり、セルビア南部のプレシェヴォ渓谷に位置している。

市域と人口[編集]

2002年の国勢調査によると、ブヤノヴァツ自治体の人口は43,302人であった。ブヤノヴァツ自治体は461平方キロメートルの市域と、59の集落がある。

住民[編集]

自治体の民族別構成[編集]

民族構成
Year セルビア人  % アルバニア人  % ロマ  % 合計
1961 20,033 51.28% 16,618 42.54% 11 39,064
1971 18,840 43.29% 21,209 48.73% 2,749 6.32% 43,522
1981 15,914 34.09% 25,848 55.36% 4,130 8.85% 46,689
1991[1] 14,660 29.77% 29,588 60.09% 4,408 8.95% 49,238
2002 14,782 34.14% 23,681 54.69% 3,867 8.93% 43,302

セルビア人が絶対多数を占める集落は、バラリェヴァツBaraljevac)、ボグダノヴァツBogdanovac)、ボジニェヴァツBožinjevac)、ボロヴァツBorovac)、ブラトセルツェBratoselce)、ブルニャレBrnjare)、ブシュトラニェBuštranje)、ヴォガンツェVogance)、グラマダGramada)、ドニェ・ノヴォ・セロDonje Novo Selo)、ヤストレバツDrežnica)、ジョルジェヴァツĐorđevac)、ジュベヴァツŽbevac)、ジュジェリツァŽuželjica)、ヤブラニツァJablanica)、ヤストレバツJastrebac)、カラドニクKaradnik)、クレニケKlenike)、クリノヴァツKlinovac)、コシャルノKošarno)、クルシェヴィツァKrševica)、クシュテツィツァKuštica)、レヴォソイェLevosoje)、ロパルディンツェLopardince)、ルカルツェLukarce)、リリャンツェLjiljance)、プレティナPretina)、ラコヴァツRakovac)、ルスツェRusce)、スヴェタ・ペトカSveta Petka)、セブラトSebrat)、セヤツェSejace)、スパンチェヴァツSpančevac)、スルプスカ・クチャSrpska Kuća)、ストラツStarac)、トレヤクTrejak)である。

アルバニア人が絶対多数を占めるのは、 、ビリャチャBiljača)、ブレズニツァBreznica)、ヴェリキ・トルノヴァツVeliki Trnovac)、ヴルバンVrban)、ゴルニェ・ノヴォ・セロGornje Novo Selo)、ドブロシンDobrosin)、ザルビンツェZarbince)、コンチュリKončulj)、レトヴィツァLetovica)、ルチャネLučane)、マリ・トルノヴァツMali Trnovac)、ムホヴァツMuhovac)、ネゴヴァツNegovac)、ネサルツェNesalce)、プリボヴツェPribovce)、ラヴノ・ブチェRavno Bučje)、サモリツァSamoljica)、スハルノSuharno)、トゥリヤTurija)、ウゾヴォUzovo)、チャルČar)である。

セルビア人が比較多数となっている混住地域はブヤノヴァツ(Bujanovac)である。

アルバニア人が比較多数となっている混住地域はオスラレOslare)である。

町の民族別構成[編集]

2002年の国勢調査では、ブヤノヴァツの町の人口は以下の通りであった。

政治[編集]

1999年から2001年にかけて、コソボ解放軍に類似したアルバニア人のゲリラ組織であるプレシェヴォ・メドヴェジャ・ブヤノヴァツ解放軍UÇPMB)がブヤノヴァツ、プレシェヴォおよびメドヴェジャの各自治体で活動し、プレシェヴォ渓谷危機と呼ばれた。この間に双方に死傷者が出ていたが、1999年コソボ紛争2001年マケドニア紛争とは異なり国際社会から大きな関心を集めることはなかった。2001年にユーゴスラビアおよびセルビアの治安当局によって反乱が鎮圧されてからは、地域は平静を保っている。2009年、ブヤノヴァツのアルバニア語の中等学校を復興するためにセルビア政府が61.5百万ディナールを拠出することが決まった[1]

スポーツ[編集]

ブヤノヴァツにはサッカー・クラブのBSKブヤノヴァツがある。

友好都市[編集]

ノルウェーの旗 リレハンメルノルウェー

関連項目[編集]

脚注[編集]