ブバカル・バリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブバカル・バリー Football pictogram.svg
Boubacar Barry 2007.jpg
2007年2月6日フランスルーアンで行われたギニア代表との親善試合でのバリー
名前
愛称 Copa
ラテン文字 Boubacar Barry
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
生年月日 1979年12月30日(35歳)
出身地 アビジャン
身長 180cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム ベルギーの旗 KSCロケレン
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000 コートジボワールの旗 ASECミモザ 17 (0)
2000-2003 フランスの旗 スタッド・レンヌ 0 (0)
2003-2007 ベルギーの旗 KSKベベレン 102 (0)
2007- ベルギーの旗 KSCロケレン 182 (1)
代表歴2
2000- コートジボワールの旗 コートジボワール 80 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年1月18日現在。
2. 2014年6月24日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブバカル・バリー(Boubacar Barry, 1979年12月30日 - )は、コートジボワールアビジャン出身のサッカー選手コートジボワール代表である。ポジションはGK

クラブではCopaという愛称で呼ばれるが、コートジボワール代表では本名で呼ばれる[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

ASECミモザでキャリアをスタートさせた時はミッドフィールダーだったが、その後ゴールキーパーにポジションを変更した[2]。2000年にフランスのスタッド・レンヌに移籍し、ペトル・チェフの控えを務めた。2003年に移籍したKSKベベレンで飛躍し、2007年にはKSCロケレンに移籍した。2008-09シーズンにはリーグの最優秀ゴールキーパー賞を受賞した。2009-10シーズン開幕戦はレギュラーとして迎えたが、10月に足を疲労骨折して手術を行い、そのためにユーゴスラフ・ラジッチにポジションを奪われた。2010年1月のアフリカネイションズカップで復帰したが、準々決勝のアルジェリア戦でロスタイムに2失点して敗退の要因となったことから批判を浴びた。2月6日のKVメヒェレン戦でリーグ戦にも復帰した。

代表[編集]

2000年6月18日、チュニジア戦でコートジボワール代表デビューした[3]2006 FIFAワールドカップに出場し、グループリーグ最終戦のセルビア・モンテネグロ戦に出場して3-2で勝利した。2008年5月にはキリンカップのために来日したが、日本戦には出場していない[4]。2010年はじめの短期間、コートジボワール代表は監督不在だったが、3月にスヴェン・ゴラン・エリクソン監督が就任すると、バリーも引き続き代表に選ばれた。2010年5月、2010 FIFAワールドカップ本大会に出場する23人のメンバーに選ばれた。初戦のポルトガル戦は無失点に抑えたが、2戦目のブラジル戦では3失点した。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]