アブドゥル・カデル・ケイタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブドゥル・カデル・ケイタ Football pictogram.svg
Abdul Kader Keita 2011 (1).jpg
名前
ラテン文字 Abdul Kader KEÏTA
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
生年月日 1981年8月6日(32歳)
出身地 アビジャン
身長 182cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム サウジアラビアの旗 アル・イテハド
ポジション FW / MF
背番号 60
利き足 右足
代表歴2
2000- コートジボワールの旗 コートジボワール 70 (11)
2. 2011年1月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アブドゥル・カデル・ケイタAbdul Kader KEÏTA, 1981年8月6日 - )は、コートジボワール出身で同国代表サッカー選手。ポジションはFWMF

柔らかくスピードのあるドリブル突破と優れた得点感覚を持った選手。

経歴[編集]

アル・サッド時代のケイタ

UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07ではリールOSCの決勝トーナメント進出に大きく貢献し、またリーグでも、チーム最多得点を挙げた。2007年にオリンピック・リヨンに移籍した。2009年夏にガラタサライへ移籍した。リーグ戦では27試合に出場して5得点し、UEFAヨーロッパリーグでは11試合に出場して5得点した。2010年7月、移籍金800万ユーロ(約8億8000万円)でアル・サッドに移籍し、2011年アジアチャンピオンズリーグの決勝ではゴールをあげるなど優勝に貢献した[1]

2010年には2010 FIFAワールドカップに出場した。グループリーグのブラジル戦ではカカと接触し、2枚目のイエローカードを提示されたカカは退場処分を受けた。

所属クラブ[編集]

サウジアラビアの旗 アル・イテハド 2012 -

代表歴[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]