フリー・ウィリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フリー・ウィリー
Free Willy
監督 サイモン・ウィンサー
脚本 キース・ウォーカー
コーリー・ブレックマン
製作 ローレン・シュラー・ドナー
ジェニー・ルー・トゥジェンド
製作総指揮 アーノン・ミルチャン
リチャード・ドナー
音楽 ベイジル・ポールドゥリス
主題歌 マイケル・ジャクソン
ウィル・ユー・ビー・ゼア
撮影 ロビー・グリーンバーグ
編集 O・ニコラス・ブラウン
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1993年7月16日
日本の旗 1994年3月26日
上映時間 112分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $77,698,625[2]
世界の旗 $153,698,625[2]
次作 フリー・ウィリー2
テンプレートを表示

フリー・ウィリー』(原題:Free Willy)は、1993年制作のアメリカ映画

母親に捨てられた少年と母親から引き離されたシャチ。互いに孤独な境遇の両者が交流を深め、成長していく姿を美しい自然描写の中に描いた感動作。続編『フリー・ウィリー2』、『フリー・ウィリー3』、さらにオリジナルビデオフリー・ウィリー 自由への旅立ち』も制作された。

巨匠リチャード・ドナー監督とその妻ローレン・シュラー・ドナーがプロデュースしている。主題歌はマイケル・ジャクソンWill You Be There。続編2の主題歌もマイケルの曲でChildhood

あらすじ[編集]

ジェシー少年は母親に捨てられて孤児院に入れられたが、脱走してストリートチルドレンとなっていた。ある夏の夜、パトカーに追われ、さびれた水族館に忍び込んだジェシーは、水槽の中で泳ぐ1匹のシャチを見つける。それがウィリーだった。

孤児院に連れ戻されたジェシーは子供のいない里親に引き取られるが、母親が迎えに来ると信じるジェシーは心を開かない。罰則として水族館でペンキ落としの作業を命じられたジェシーはウィリーと再会。ウィリーは誰にもなつかなかったが、ジェシーの吹くハーモニカにだけは優しい表情を見せた。ウィリーもまた母親から引き離されていたのだった。

同じ境遇同志のジェシーとウィリーは次第に信頼と友情を深め、ウィリーはジェシーの指導でダイビングジャンプなどの様々な芸を身に付けていく。デビューの日、多くの観客が集まり、窓を叩いたり、歓声をあげてウィリーは恐怖に陥る。水族館のオーナーは巨額の保険金を手に入れるためウィリーを処分しようと企んでいた。ウィリーの母親たちも膵臓区間の近くの海に集まっていた。それを知ったジェシーは、ウィリーを海へ逃がそうと考える。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ朝日
ジェシー ジェイソン・ジェームズ・リクター 藤田大助 高乃麗
レイ ロリ・ペティ 田中敦子 日野由利加
グレン マイケル・マドセン たかお鷹 江原正士
アニー ジェイン・アトキンソン 藤生聖子 高島雅羅
ダイアル マイケル・アイアンサイド 筈見純 谷口節
ランドルフ オーガスト・シェレンバーグ 中庸助 小林修
ドワイト ミケルティ・ウィリアムソン 仲野裕 牛山茂
ウェイド リチャード・リール 飯塚昭三 青森伸
ペリー マイケル・バコール 石田彰 阪口大助
グウェニー ダニエル・ハリス 遠藤勝代
ベクター イザイア・マローン くまいもとこ
ブロディ トム・ラスウェル 沢りつお 秋元羊介
魚屋 ジャスティン・R・ホール 荒川太朗
通行人#2 ロブ・サンプル 梅津秀行
通行人#3 メリリン・ジョーンズ 水原リン
ウェイター ミッキー・ゲインズ 真殿光昭
ウィリー ケイコ

シャチのケイコ[編集]

シャチのケイコ(1998年12月)

本作でウィリーを演じたシャチのケイコは、メキシコの遊園地で劣悪な環境の中で飼育されていたのをプロデューサーに見つけられて撮影に使用された後、再びこの遊園地に戻されていたため病状が悪化していった。

そこへ本作の大ヒットで世界中の子供たちから「ウィリーは解放されたのに、なぜケイコは解放されないのか」という声が上がり、基金が集められた結果、アース・アイランド研究所を主体に「フリー・ウィリー・ケイコ基金」が設立され、1996年オレゴン州ニューポートに建設された専用プールに移されて自然に帰るための特訓と病気の治療を受けた後、1998年、故郷のアイスランドに帰された。

ケイコは2003年12月12日ノルウェーで27歳で死亡した[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “IMDb Box office / business”. IMDb. http://www.imdb.com/title/tt0106965/business 2011年11月14日閲覧。 
  2. ^ a b “Box Office Mojo / Free Willy”. Box Office Mojo. http://www.boxofficemojo.com/movies/?id=freewilly.htm 2011年11月14日閲覧。 
  3. ^ “ケイコを忘れない”. IKAN イルカ・クジラ・アクション・ネットワーク. (2003年12月13日). http://homepage1.nifty.com/IKAN/news/031213.html 2011年11月14日閲覧。 

外部リンク[編集]