フランシスコ・スアレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスコ・スアレス

フランシスコ・スアレス(Francisco Suárez、1548年1617年)は、スペイン神学者哲学者法学者イエズス会士

概要[編集]

オッカム派の唯名論が台頭してスコラ学が崩壊した後に、トマス・アクィナスの学説を中心に、スコラ学を総合的に体系化し、神学哲学法学にわたって大きな影響を与えた人物。

生涯[編集]

1548年グラナダで生まれ、16歳でサラマンカ大学、イエズス会に入り、哲学、教会法、神学を学んだ後、セゴヴィア、バヤロディッド、アビラ、ローマ、サラマンカ、コインブラ、グレゴリアン大学など多くの大学で講義し、「俊秀博士」(Doctor Eximius)と呼ばれた。

業績[編集]

アリストテレストマス・アクィナスの系列からなるスコラ学を集大成し、中世と近代の学の橋渡し的役割を果たした人物で、多くの人物に多大な影響を与えた。

哲学の分野では、デカルトの『省察』第4答弁ではスアレスの「形而上学的討論」に、また、バークレーもスアレスの「類比論」に言及がある。ライプニッツクリスティアン・ヴォルフカントにも影響を与えたとされる。

法学の分野では、人民主権論、社会契約論、自然法論、国際法の基礎を築き、グロチウスに多大な影響を与えた。

著書[編集]

  • 山辺建訳「法律についての、そして立法者たる神についての論究」上智大学中世思想研究所編『中世思想原典集成20巻-近世のスコラ学』691頁(平凡社)
  • 小川量子訳「形而上学討論集」上智大学中世思想研究所編『中世思想原典集成20巻-近世のスコラ学』881頁(平凡社)

参考文献 [編集]

  • ホセ・ヨンパルト『古代・中世社会契約論-スアレスの思想を中心として-』1982年度法哲学年報(有斐閣、1983)

関連項目 [編集]

外部リンク [編集]

  • 伊藤不二男『フランシスコ・スアレスの自然法理論 : その国際法理諭の基礎づけのために』[1]
  • 水波朗『=書評=伊藤不二男著スアレスの国際法理論』[2]