フェリックス・ウフェボワニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェリックス・ウフェ=ボワニ
Félix Houphouët-Boigny
Houphouet-Boigny.jpg
フェリックス・ウフェ=ボワニ(1962年)

任期 1960年11月3日1993年12月7日

任期 1960年8月7日11月27日

出生 1905年10月18日
フランスの旗 フランス領西アフリカンゴクロ
死去 1993年12月7日(満88歳没)
コートジボワールの旗 コートジボワールヤムスクロ
政党 コートジボワール民主党英語版
配偶者 マリー=テレーズ・ウフェ=ボワニ英語版

フェリックス・ウフェ=ボワニフランス語: Félix Houphouët-Boigny1905年10月18日 - 1993年12月7日)は、コートジボワールの初代首相大統領。独立運動を主導し、コートジボワール経済を発展させた。

生涯[編集]

独立前[編集]

ンゴクロ出身。フランス第四共和政が成立し、植民地からも議員が選出できるようになると、1946年、フランス領西アフリカ及びフランス領赤道アフリカの政治家を糾合し、アフリカ民主連合を結党して、総裁の座に就いた。その際、同党のコートジボワール支部としてコートジボワール民主党英語版を設立し、党首に就任。独立運動を主導した。

しかし、独立が現実的となると、ウフェボワニはフランス領の各植民地の分離独立を主張し、汎アフリカ主義フランス領西アフリカの連合した独立を唱えるフランス領スーダン(現マリ共和国)のモディボ・ケイタと対立した。ウフェボワニ側にはオートボルタモーリス・ヤメオゴらが、ケイタ側にはセネガルのサンゴールらがついた。結局この対立はウフェボワニの勝利に終わり、1960年、コートジボワールをはじめとするフランス領諸国は相次いで独立した。

独立後[編集]

1960年に独立すると、政治的にはコートジボワール民主党の一党独裁体制をとり反対者を弾圧する一方、フランスと緊密な関係を続け、西側寄りの政策を続けた。

経済的には主要産業であるカカオの生産・流通を管理し、カカオ輸出安定化基金を設けて輸出価格を安定させ、またカカオ農園の開拓を奨励し、オートボルタ(現在のブルキナファソ)やマリ共和国等近隣諸国からの移民を受け入れて積極的な生産拡大に乗り出した。その甲斐あって、1980年代までコートジボワール経済は混乱する近隣諸国を尻目に順調に成長し、年率8%の高い経済成長率を実現、「イボワールの奇跡」と呼ばれ賞賛された。

しかし、あまりにカカオに頼りすぎたモノカルチャー経済と化したコートジボワールは、1980年代以降のカカオの生産過剰によって経済基盤が崩れ、社会不安が増大することとなる。

そんななか、ウフェボワニは自らの故郷に新首都・ヤムスクロを建設したが、それはジャングルの中に大聖堂をはじめとする巨大なモニュメントが立ち並ぶだけのものであり、首都機能は依然旧首都アビジャンにおかれたままであった。こうした浪費も重なり、コートジボワールの国力は疲弊していった。

1990年、複数政党制による初の大統領選が行われ、ウフェボワニは圧勝し7選されるものの、任期中の1993年に死去した。

死後[編集]

死後、ウフェボワニの進めていた政策の矛盾が表面化。ブルキナファソ人移民とコートジボワール人との対立、経済の停滞に加え、後継のコナン・ベディエにはウフェボワニほどの政治力もカリスマも無く、ウフェボワニ個人の力量に拠っていたコートジボワールの秩序は崩壊。第1次コートジボワール内戦英語版へと突き進むこととなった。