フィルミクテス門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グラム陽性細菌門
Clostridium difficile EM.png
Clostridium difficile
分類
ドメイン : 細菌 Bacteria
: グラム陽性細菌門
Firmicutes
下位分類(綱)

フィルミクテス門Firmicutes、ファーミキューテス、グラム陽性細菌門)とは、低GC含量とグラム陽性に特徴付けられる真正細菌である。グラム陽性低GC含量細菌とも呼ばれる。200近くのを含み、真正細菌の中ではプロテオバクテリア門に次ぐ多様性を持つ。

腸内細菌皮膚常在菌病原菌あるいはヨーグルトなどの発酵食品を通じて人間にも比較的なじみの深いグループである。

特徴[編集]

枯草菌とその芽胞(水色)

グラム陽性菌はフィルミクテス門(グラム陽性菌門)と放線菌門(Actinobacteria)の2つに大別されるが、フィルミクテス門はDNA中のGC含量(全核酸塩基中のG+Cの割合)が低いことが特徴である。GC含量は55%未満で、40%前後のものが多い。特徴的な耐久構造である芽胞を形成する能力を持つ種が広い分類範囲に含まれることから、芽胞形成能力を持った偏性嫌気性の祖先から進化してきたと考えられている。

学名は細胞壁の構造に由来しており、ラテン語でfirmusフィルムス(強固な)+cutisクティス(皮膚)という意味になっている。ただし、国際細菌命名規約は門の階級について規定しないため、厳密に言えばFirmicutesは学名ではなく、ただのラテン語名に過ぎない。ファーミキューテスはこれを英語風に発音したものである。

下位分類[編集]

下位分類としては5綱が知られている。歴史的にはモネラ界を大別する4門の1つであり、グラム陽性菌全てを含む門としてフィルミクテス綱(バシラス、クロストリジウム類)、放線菌綱、デイノコッカス-サーマス綱が分類されていた時期もある。その後性質の違いによりバシラス、クロストリジウム類以外が分離され、さらに16S rRNAで系統が整理された結果、新たにウェイロネラ科 (Veillonellaceae)(擬似的にグラム陰性に染まる)などもフィルミクテス門に分類される結果となった。クロストリジウム綱やバシラス綱は生化学的性質に基づいて分類されており、今後分類が再編される可能性がある。

なお、系統的に近いモリクテス綱(無壁の細菌)に関しては、フィルミクテス門に含まれる場合と、テネリクテス門として独立させる場合で意見が分かれている。Bergey's Manual 2ndでは現在テネリクテス門を分けているが、近年の系統解析ではフィルミクテス門に含まれる見解が支配的である。

バシラス綱[編集]

  • バシラス目/Bacillales
  • ラクトバシラス目/Lactobacillales

通性または偏性好気性のグループ。バシラス(桿菌)と名前は付いているが、これはBacillus属に由来するものでこの綱の性質を表すものではない。ラクトバシラス目は無芽胞で乳酸発酵をする種(乳酸菌レンサ球菌)を多く含む。バシラス目には芽胞を形成する多くの種が含まれる(無芽胞のものもいる)。枯草菌ブドウ球菌が代表例。

クロストリジウム綱[編集]

  • クロストリジウム目/Clostridiales
  • テルモアナエロバクテル目/Thermoanaerobacteriales
  • ハロアナエロビウム目/Halanaerobiales
  • ナトラナエロビウス目/Natranaerobiales

偏性嫌気性。多くが芽胞形成能力を持つ。この綱の代表的な生物であるClostridium属は、破傷風菌ボツリヌス菌など地球上で最も強力な毒素を産生する能力を持つ種を含む。クロストリジウム目はヘリオバクテリア(Heliobacteria)と呼ばれる光合成細菌も1科含んでいる。

エリシペロトリクス綱[編集]

  • エリシペロトリクス目/Erysipelotrichales

16S rRNA配列によって定義されている小さめの鋼。哺乳類鳥類に分布する通性嫌気性菌。8属を含む。

ネガティウィクテス綱[編集]

  • セレノモナス目

嫌気性で、グラム陰性に染まる1群。31属を含む。

テルモリトバクテル綱[編集]

  • テルモリトバクテル目/Thermolithobacterales

Thermolithobacter属の1属のみを含む。を還元する偏性嫌気性菌。