バシラス属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バシラス属
BacillusCereus.jpg
Bacillus cereus
分類
ドメイン : 真正細菌 Bacteria
: フィルミクテス門
Firmicutes
: バシラス綱 Bacilli
: バシラス目 Bacillales
: バシラス科 Bacillaceae
: バシラス属 Bacillus
学名
Bacillus
Bacillus Cohn 1872

他多数

バシラス属[1]( - ぞく、: Bacillusバキッルス、バチルス属[2])は、Firmicutes門に分類される真正細菌の属である。

概要[編集]

芽胞を形成する。偏性好気性(一部通性嫌気性)のグラム陽性桿菌である。カタラーゼに陽性。一部の菌種は窒素固定能を有する。この属にはグラム陽性桿菌のモデル生物として重要である枯草菌(B. subtilis)が含まれるほか、病原菌の炭疽菌(B. anthracis)やセレウス菌(B. cereus)、BT剤の殺虫成分生産菌である卒倒病菌(B. thuringiensis)などの種も含まれる。

水中や土壌に普遍的に存在する、非常に多くの種を含む属である。高pHや低温、高塩濃度、高圧といった様々な極限環境にも適応している種も多い。前述の枯草菌の亜種に納豆菌がある。種々の酵素(食品用、洗剤用、ほか多種多様な産業用酵素)の生産に用いられる等、枯草菌を筆頭として極めて有用性の高い種を含む。 近年ではこの大きなバシラス属の一部が再分類され、Paenibacillus属、Geobacillus属、Oceanobacillus属などのいくつかの属がBacillaceae科の独立した属として提案されている。

この属の基準種(Type species)はBacillus subtilis(枯草菌)である。

歴史[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本の細菌学界での慣例表記
  2. ^ 日本の農学界での慣例表記

関連項目[編集]