好塩菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

好塩菌(こうえんきん)とは至適増殖に0.2 M以上のNaCl濃度を要求する原核生物である。

至適増殖NaCl濃度の違いによって、以下4つの範疇に分けられる。ただし、この分け方はあくまで至適増殖NaCl濃度に基づいたものであり、自然環境中においては海洋細菌が淡水系で分離されるなど、数多くの例外が存在する。

高度好塩菌とされる生物には

  • 古細菌
    • ハロバクテリウム綱の古細菌(狭義の高度好塩菌。30属以上が含まれる)
    • Methanohalbium evestigatum(メタン菌の一種)
    • "Nanohaloarchaea"(未培養のユリアーキオータ)
  • 真正細菌
    • Actinopolyspora halophila
    • Ecthiorhodosphira halophila
    • Halobacteroides halobius
    • Salinibacter ruber

などがいる。

また、以下の分別法も提唱されている[1]

  • 嫌塩菌…培地に塩を添加すると増殖が抑制される。(例:Escherichia coli)
  • 耐塩菌…塩による抑制が弱く、10-20%の塩にも耐える。
  • 好塩菌…塩を好む、塩の在る方が好きな菌。生理的食塩水程度の微量の塩で増殖するが、塩の添加により増殖が抑制される。(例:Vibrio parahaemolyticus)
  • 高度好塩菌…高濃度の塩を好む菌。微量の塩でも増殖するが、10%程度以上の塩存在下で最適に増殖する。(例:Bacillus saliphilus)
  • 嗜塩菌…塩に依存する菌。微量の塩では増殖せず、少なくとも海水塩濃度(3-3.5%)以上の塩を要求する。(例:Kushneria indalinina)
  • 極度嗜塩菌…塩中毒、塩耽溺菌。嗜塩菌の中でも特に塩依存度が強く、増殖に10%程度以上の高濃度の塩の添加を要求する。それ以下の濃度では瞬時に死滅するものが多い。(例:Natronobacterium gregoryi)

脚注[編集]

  1. ^ 亀倉正博. "「好鹽菌」、「嗜盐菌」から「好嗜塩菌」へ"、『極限環境生物学会誌』9巻2号、極限環境生物学会、2011年3月、pp.57–60.

関連項目[編集]