フェルディナント・コーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント・コーンの肖像

フェルディナント・コーンFerdinand Julius Cohn1828年1月24日 - 1898年6月25日)はプロイセン(現ポーランド)の植物学者、細菌学者、医師。1851年からブレスラウ大学で教鞭を執った。1859年にはブレスラウ大学の植物園の所長となった。

コーンは、バシラス属細菌生活環を明らかにし、細菌の属として定義をすることで、世界で初めて真正細菌を分類したことで知られる。1885年レーウェンフック・メダル二人目の受賞者。

ウィキメディア・コモンズには、フェルディナント・コーンに関するカテゴリがあります。

関連項目[編集]