破傷風菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
破傷風菌
Clostridium tetani.jpg
顕微鏡で見た破傷風菌
分類
ドメイン : 細菌 Bacteria
: フィルミクテス門
Firmicutes
: クロストリジウム綱
Clostridia
: クロストリジウム目
Clostridiales
: クロストリジウム科
Clostridiaceae
: クロストリジウム属
Clostridium
: C. テタニ
Clostridium tetani
学名
Clostridium tetani (Flügge 1886) Bergey et al. 1923
北里柴三郎博士による破傷風菌に関する論文原稿(明治22年)
コッホと思われる書き込みが認められる。
東大医科研近代医科学記念館

破傷風菌(はしょうふうきん、: Clostridium tetani)は、クロストリジウム属真正細菌で、破傷風病原体である。グラム陽性嫌気性の大型桿菌。世界中の土壌や汚泥に芽胞として存在している。

1889年エミール・フォン・ベーリング北里柴三郎が初めて純粋培養に成功した。

毒素[編集]

破傷風菌が引き起こす運動障害は破傷風毒素テタノスパスミン)によって引き起こされる。

破傷風毒素の毒性は極めて強く、世界最強の毒素の一つとして知られている。マウスの最小致死量はわずか数十pgである。

毒素は神経筋接合部英語版から神経終末膜を介して神経内に取り込まれる。毒素は逆行性輸送され、脊髄前角に到達し、細胞膜を通過しシナプス前膜を通りさらに上位の中枢へ運搬される。そこで抑制性シナプスを遮断し、痙性麻痺を引き起こす。ついで興奮性シナプスも遮断し、筋は拘縮した状態となる。これはストリキニーネの作用と同一である。

ちなみにこれはボツリヌストキシンの作用と逆となる。ボツリヌストキシンは筋の弛緩を発生させる。

破傷風菌はこのほかに溶血毒のテタノリジン英語版も生産するが、こちらの病原的意義は薄いとされる。

特徴[編集]

大きさは0.3〜0.6μm×3〜6μmである。芽胞は円形で端在性であり、太鼓のと呼ばれる形態を示す。この芽胞の形態はクロストリジウム属の中で破傷風菌だけが持つ特徴である。

鞭毛を持つため運動性を有し、寒天平板上で膜状に広がるのを見ることができる。

クロストリジウム属で唯一インドール産生が見られる。

症状[編集]

診断[編集]

基本的には症状から推測するしかない。発症したときには外傷が治癒してわからなくなっていることがあるため、外傷がないからといって破傷風の可能性を除外しないことが必要である。そのため、受傷歴がないか問診することが重要となる。創傷部位や膿から菌を分離できることもある。

予防[編集]

三種混合ワクチンを接種する。

治療[編集]

早期診断し、速やかに破傷風免疫グロブリン(TIG)を筋肉注射し毒素を中和する。神経細胞に毒素が結合すると中和は不可能となるため、早期診断・治療が非常に重要である。

また抗生物質としてペニシリン系薬剤を投与するほか、気管切開ジアゼパムなどの抗痙攣薬ベクロニウム英語版などの筋弛緩剤投与などといった対症療法をいつでもできるようにしておく必要がある。

その他[編集]

北里大学の校章は破傷風菌を図案化したものである。これは学祖北里柴三郎の破傷風菌研究に由来する。

外部リンク[編集]

テタヌス毒素 - 脳科学辞典