ファティ・アキン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファティ・アキン
Fatih Akın
Fatih Akın
生年月日 1973年8月25日(41歳)
出生地 ハンブルク
民族 トルコ系ドイツ人
主な作品
愛より強く
そして、私たちは愛に帰る
ソウル・キッチン

ファーティフ・アクンFatih Akın, 1973年8月25日 - )は、ドイツハンブルク出身の映画監督脚本家俳優プロデューサートルコドイツ人。36歳にして世界三大映画祭すべてで賞を獲得した。

経歴[編集]

トルコ移民二世として生まれる。彼の父親は1965年に出稼ぎ移民としてドイツに渡り、絨毯洗浄業に勤務。母親は小学校の教師だったが、父との結婚のためその3年後にドイツに来た。ファーティフ・アクンはハンブルクに生まれ育ち、学校ではバンド活動などをしていた。16歳の時に映画監督になる夢を抱き、高校時代から地元のタリア劇場でアマチュア俳優として経験を積み、また8ミリカメラで映画の自主製作を始めた。

1993年にハンブルクにある映画プロダクションで脚本家や俳優、監督として働き始める。1994年、ハンブルク造形芸術高等専門学校に入学し、2000年に卒業。在学中の1995年に共同監督で短編映画2編を完成させていた。1998年に初監督作品『Kurz und schmerzlos』を完成させ、ロカルノ国際映画祭で賞を受賞した。1999年には映画『Kismet』で主役を演じている。2004年に共同で映画制作会社を設立。

同年『愛より強く』でベルリン国際映画祭金熊賞やヨーロッパ映画賞作品賞を受賞して一躍注目された。翌2005年には異例の若さでカンヌ映画祭に審査員として招かれた。同年秋から半年間、母校の客員教授を務める。この年のドキュメンタリー映画『クロッシング・ザ・ブリッジ/サウンド・オブ・イスタンブール』でイスタンブルの音楽シーンを描く。この映画では主演に『愛より強く』で音楽を担当したアインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのベーシスト、アレクサンダー・ハッケを据え、音楽を通じた異文化の接触をテーマとしている。

2007年には自ら脚本を書いた『そして、私たちは愛に帰る』をカンヌ映画祭で初披露し、観客賞と最優秀脚本賞を得ている。この作品は2008年度アカデミー賞外国語映画賞のドイツ代表作品に選ばれている。やはり2006年には彼がプロデュースした『Takva – Gottesfurcht』がトルコ代表作品となっている。現在は祖父母が住んでいたトルコの村についてのドキュメンタリー映画を編集中。

2009年には『ソウル・キッチン』をヴェネツィア国際映画祭で披露し、審査員特別賞を受賞。

名前[編集]

彼のトルコ系の名前はトルコ語に慣れない者には読み方に困難を伴い、「ファティ・アキン」、「ファーティー・アーキン」など様々に呼ばれておりカタカナ表記に混乱が見られるが、彼の母語の一つであるトルコ語の発音は「ファーティフ・アクン」という表記がもっとも近いと思われる(彼の姓は「Akin」ではなく「Akın」である)。ただし「母国」のドイツでも一般には「ファーティフ・アキン」と呼ばれている。

私生活[編集]

アクンはメキシコ系ドイツ人の女優と結婚して一児をもうけ、ハンブルクに在住。ハンブルクのトルコ領事館に勤務する兄も彼の映画で俳優や助監督を務めている。アクンは仕事に集中する一方、映画制作の合間にはDJ Superdjangoとしてハンブルクのクラブで活躍している。

主な監督作品[編集]

外部リンク[編集]