ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
ビートルズ楽曲
収録アルバム サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
リリース 1967年6月1日
録音 アビー・ロード・スタジオ 1967年2月17日、20日、3月28日、29日、31日
ジャンル サイケデリック・ロック
experimental rock
時間 2分37秒
レーベル パーロフォン
作詞者 レノン=マッカートニー
プロデュース ジョージ・マーティン
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド 収録曲
A面
  1. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
  2. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
  3. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
  4. ゲッティング・ベター
  5. フィクシング・ア・ホール
  6. シーズ・リーヴィング・ホーム
  7. ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
B面
  1. ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
  2. ホエン・アイム・シックスティー・フォー
  3. ラヴリー・リタ
  4. グッド・モーニング・グッド・モーニング
  5. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (リプライズ)
  6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
  7. サージェント・ペパー・インナー・グルーヴ

ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト(Being For The Benefit Of Mr. Kite!)ビートルズの楽曲である。

解説[編集]

インスピレーションを受けたポスター

本作は1967年に発表されたイギリス盤公式オリジナル・アルバムサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録された曲。

ジョンが主に作曲をしたと考えられてきたが、ポールは自伝の中で共作であったと述べている[1]

この曲はビートルズが同年に発表した両A面シングル「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン」のプロモーションビデオ撮影のためイギリスケント州を訪れていた際、偶然入った骨董屋で見つけた1843年のサーカス団のポスターの宣伝文句からヒントを得て作った曲で、歌詞に出てくる言葉は、このポスターをほぼ丸ごと引用している[2]。なお、この曲の歌いだしは"For the benefit of Mr. Kite"であり、タイトルにあった"Being"が欠落している。

ジョンはこの曲を録音するにあたって古いスティーム・オルガンを使いたがっていたが、鍵盤を使って演奏できるスティーム・オルガンは存在しなかったため、ジョージ・マーティンハモンド・オルガンを使って似た音を奏でさせて録音したという苦労話がある。また、マーティンはジョンの『カーニバルのような雰囲気で』、『おがくずの上を歩いているような雰囲気で』という抽象的な要求を実現するためにも苦労した。曲中の3拍子の部分で聞こえる複雑怪奇な音は、パイプオルガンを録音したテープを数センチごとに切り、ランダムに繋げた上で逆回転させたものである。ジョン、マーティンが目指した音への飽くなき追究の一端を垣間見ることができよう[2]

ちなみに生前、ジョンは最初「つまらない曲だ」と語っていたが死の年、1980年頃には一転「すばらしい曲だ」と語っていたという。

2012年、ジョンがインスパイアされた元のポスターのレプリカが当時の技術を使って製作され、1967部限定で発売されている[3]

プレイヤー[編集]

収録アルバム[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Miles著 Many Years From Now P423
  2. ^ a b ジョージ・マーティン『メイキング・オブ・サージェント・ペパー』 水木まり訳、キネマ旬報社、1996年、134-140ページ
  3. ^ John Lennon's poster

外部リンク[編集]