パラペユトイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パラペユトイア
生息年代: Cambrian Stage 3
Parapeytoiaimagewiki.png
パラペユトイアの想像図
保全状況評価
絶滅(化石
地質時代
古生代カンブリア紀中期
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: † Dinocaridida綱 Dinocaridida
: † Radiodonta目 Radiodonta
: † アノマロカリス科(?) Anomalocarididae(?)[1]
: パラペユトイア属 Parapeytoia
Hou, Bergstrom & Ahlberg, 1995
学名
genus Parapeytoia yunnanensis
Hou, Bergstrom & Ahlberg, 1995
和名
パラペユトイア
英名
Parapeytoia

パラペユトイア (Parapeytoia) は、カンブリア紀に生息していた。澄江動物群の1つである。

生態[編集]

アノマロカリスの一種。触手にトゲがなく、かわりに3本の指のような突起がある。ヒレの下には足が確認されている。

アノマロカリスより古いと見られ、より節足動物に近い形態をもっているが、進化の過程は今のところ不明である。

南京地質学古生物研究所の陳均遠は、パラペユトイアについて、他のアノマロカリスたちにはないヒレの下部の付属肢(おそらく海底を歩行するため)があることを理由に、アノマロカリスとは別系統であると主張した。[2]

脚注[編集]

  1. ^ ここでは科として表記するが、側系統かどうかなど不明な点が多いため、アノマロカリス類と表記されることも多い。
  2. ^ JUNYUAN CHEN,DIETER WALOSZEK and ANDREAS MAAS"A new ‘great-appendage’ arthropod from the Lower Cambrian of China and homology of chelicerate chelicerae and raptorial antero-ventral appendages"2004 Lethaia vol.37